復興節と満月の夕

e0104937_6203195.jpg
地震で棚から落ちてきたCDの中の1枚、
「ラフ・ガイド・トゥ・ザ・ミュージック・オブ・ジャパン」を聴いている。
http://www.respect-record.co.jp/discs/res28.html


★ソウルフラワー・モノノケ・サミット  復興節


「復興節」は1923年の関東大震災直後に作られ、それに新たに歌詞とメロディーをつけた曲。阪神・淡路大震災後の出前ライヴで、最もよく唄われた曲だそうだ。今こそ東北復興!

★満月の夕(07)


この曲もソウルフラワー・ユニオンが阪神・淡路大震災の被災者に向けて作曲したもの。上のCDでは喜納昌吉&チャンプルーズで活躍したギタリストの平安隆さんが、ウチナーグチ(沖縄方言)で歌ってる。涙なしには聞けない。
http://www.respect-record.co.jp/discs/resd74.html

追記①:
中川敬さんが現在レコーディング中のアコースティック・ソロ・アルバムから、「満月の夕」(途中段階のラフ・ミックス)を公開しています。
http://www.breast.co.jp/soulflower/sfu20110314.html

追記②:
昨夜の月、何だか妙に大きくて明るいと思ったら、過去18年間で最も月が地球に接近する「スーパームーン」だったようです。
NASAによると、月と地球が最も遠い距離にある時と比べると、およそ14%も大きく、30%も明るく見えるとのこと。

★ScienceCasts: Super Moon


http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1692639640&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-03-20 06:43 | 音楽
<< 2011年3月の検索ワード 心をフォルテに >>