<   2011年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2011年2月の検索ワード

1位 東京大衆歌謡楽団
2位 nabocha
3位 めざましテレビ 千代田図書館
4位 ブリメン
5位 クレディフ
6位 スタイルミュゼット*楽譜
7位 フランス語 クレディフ
8位 ラルースやさしい仏仏辞典
9位 PIGINI Studio B2
10位 御殿場音頭
[PR]
by nabocha | 2011-02-28 23:59 | 検索ワード

Victor Borge

samedi 19 février

以前見たことがあったけど、今日また偶然行き当ってしまって、爆笑。

★Victor Borge


これって、トムとジェリーそのままじゃない?

★Tom & Jerry - Cat Concerto


曲も同じリストのハンガリー狂詩曲第2番だもんね。トムすごいなぁ。
こちらはVictor Borgeの80歳のバースデーコンサートの時の演奏。

★Victor Borge and Michala Petri plays Cardas


天才の競演!さすがのMichala PetriもVictor Borgeのちょっかいにたまらず吹き出してるけど、2人ともすごすぎ。笑いを突き抜けて感動しちゃいました。。。

さて明日はおべっか本番!楽しむのだ~♪

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1676564821&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-02-19 22:01 | 音楽

第25回ボタンアコレッスン

dimanche 13 février
e0104937_5561389.jpg
★2011年2月12日
第一回合同発表会(バラライカ・ドムラ・アコーディオンほか)は一般の方も入れるようです
参加協力券(!)は1枚500円
そろそろちらしを作るらしい

さてイタリアン
蛇腹の返しで音が消えないようにするには?
返すのが速すぎちゃう
音を弾くのと同じ瞬間に蛇腹を戻す(返す)と思うこと
ある程度はしょうがない、そこまで音楽的に支障がないはず
間を取ってるわけではないので・・・
返す前に少しクレッシェンドしてみては?
むむ、でも返した後のAが出過ぎちゃいがちなのだ

蛇腹返しだけの基礎練
音階を1音、2音ずつで返して練習
右だけじゃなくて左でも
私、左の音階あやしくないか(汗)
そしてできるだけ切れないように
返すときに頑張ろうとするとアクセントがついちゃう
指より戻すのが多少遅いくらいかも?
厳密に細かく言うと、押し始める時じゃなくて、指がたどり着いた時に返す
力をいれて戻そうと思うとアクセントがついちゃうので
押すというよりも進む向きを変えるということ
くるっと向きを変える、イメージは手のひらを返す
返す力はあんまりいらない

一番奥の小指を鍛えたいんですが・・・4のE、返って5のAでひたすら練習
返す前にできるだけ頑張ってぎりぎりまで引っ張ることを忘れない
返す方に意識がいってると、引っ張れなくなる
返さなきゃと思ってると、引っ張る力が弱くなる
そうすると音が弱くなって、返った時の音が余計大きくなる
ぎりぎりまでちゃんと音を鳴らして
返すのにそんな力いらない、残りの空気が中にあるから
ちゃんと引っ張ればそれで空気がたまる、それを返しの部分に回す
引っ張るのが弱くならない方が大事
しっかり3拍延ばすこと

あんまりちっちゃくしようと思って怖がって弾かないこと
全然笛の方が響くので
44のとこはミーシーで一度指を離す、その後のソファを続ける
ソファミを543で弾く
自然に弾けるように指を振り直してもらう
46のド#は指を離さない
ソファから新しいフレーズが始まる感じで

49からの左をあきらめた部分、右手でやろうとすればできる?!
あんまり無理はしない・・・発表会に間に合うくらいでよし
内声を移動して弾くのはよくあること

63のラ#をすっかり間違えていて愕然
ここの部分も指を振り直してもらう
基本は上の声部が自然につながっていること
そうすると2声の時はきれいに聞こえる

おおもう時間!
左手を戻す時にに戻し急がない 余計に切れるようになる
たっぷり3拍取る
上の(笛の)声部をちゃんと聞くこと!

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1672868163&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-02-13 05:57 | アコーディオン

鈴木雅明さんのバッハ

samedi 12 février

昨日の古楽三昧の続きなんですが・・・
http://www.nhk.or.jp/zanmai/

鈴木雅明さんのファンになってしまいました。
http://www.bach.co.jp/masaakiprofile_jp.htm

だって鈴木さん、自分のチェンバロをスタジオに運びこんで生演奏するんだもの!
バッハのリチェルカーレ、不思議な魅力。半音階で次々に紡ぎだされる世界。何だかエッシャーの無限階段みたい。

★Bach - Musicalisches Opfer - 1. Ricercar A 3


アコーディオンで弾いたら、違う世界が見えるかも?

★J.S. Bach - Ricercare BWV 1079 played by Duo dissonAnce


お話もとてもよかった。感動した部分を書き起こしちゃいます。

*****************************************************************
Q.現在使われている楽器と当時の楽器の違いというのはあるんでしょうか。
A.現代一般にオーケストラなどで使われている楽器はほとんどのものが19世紀の間にいろんな改良を経てきたものなので、非常に能力は高まっているんですけれども、18世紀の当時の雰囲気を伝えるのはなかなか難しいことなんです。ですから、私たちは17世紀ないし18世紀の楽器を復元したり、あるいはオリジナルそのものを使ったりして、ある意味で制限を与えるんですね、そうすることで余計にいろんな劇的な表情やあるいは言葉との関係を伝えることができる、という非常に大きなメリットが得られるんですね。

Q.現代の新しい楽器の方が容易に音を出したりすることができるんではないでしょうか?
A.ええ、容易に音も出ますし、大きな音も出ますから、本当は全ての点で能力は高いんです。ただ能力が高くて何でもできるということが、同時にできないことも生んでいるんですね。つまり制限を表現するということはできないんです。ですからそういう意味でジレンマに陥るわけです。

Q.せいいっぱいの中の戦いみたいな・・・
A.本当はよく鳴り響かないような変な音っていうのもたくさんあるんですよ、古楽器の中には。その鳴り響かない音を一生懸命出すという表情は、ちゃんと出ちゃう楽器ではできない、ということなんですよ。

Q.制限があるからこそ、ですね。
A.そうなんです。そこが言葉との関係とかで、いろんな人のうめきだとか苦しみだとかそういうものを表現する時には、難しいこともある、ということです。

Q.古い時代ものを古いスタイルで、古い楽器で演奏することがかっこいい、という風な捉え方が少しあったんですが、やっぱり歌詞の内容に基づいた音作りという点でも、オリジナルの楽器を使うことには意味があるんですね。
A.そうですね、ですからモダンの楽器、いわゆる普通の現代の楽器はできないことってないんですよ。そういうことも本当はアイディアさえ得られれば決して不可能ではないと思いますね。ただ現代の楽器の方がそういう表情を出すのは難しいことが多いという気がします。

*****************************************************************
鈴木雅明さん、加藤浩子先生と本出してるじゃないの!これは読まねば!

★バッハからの贈り物
http://www.amazon.co.jp/dp/4393937562

バッハ・コレギウム・ジャパンの演奏、いつか聴きにいきたいなぁ。。。
http://www.bach.co.jp/japanese_page_top.htm

★Bach - St. John Passion BWV 245 (Masaaki Suzuki, 2000) - 1/12


http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1672606987&owner_id=831795

[PR]
by nabocha | 2011-02-12 21:00 | 音楽

Red Priest

vendredi 11 février

今日の午後は何となしにNHKFMの「今日は一日“古楽”三昧」を聴いていたんだけど、
http://www.nhk.or.jp/zanmai/

最後の方で新鮮すぎるヴィヴァルディの冬を聴いてしまった。

★Red Priest - Vivaldi Four Seasons (Winter)


レッド・プリースト。れっきとしたバロックのアンサンブルグループらしい。
http://www.piersadams.com/RedPriest/
http://www.samonpromotion.com/jp/artist/index.php?i=64
http://www.allegromusic.co.jp/RedPriest.htm

このあたりでも視聴できます。
http://www.amazon.com/gp/recsradio/radio/B001GWG36G/
http://www.amazon.com/gp/recsradio/radio/B0035KTIM8/
http://www.amazon.com/gp/recsradio/radio/B001RCLAJA/

赤毛のカトリック司祭だったヴィヴァルディにちなんだ名前なんだって。一度生で聴いてみたいなぁ。

★Red Priest - Vivaldi Fours Seasons - Spring - Allegro


http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1672112854&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-02-11 22:19 | 音楽

うれしいバレンタインギフト!

jeudi 11 février
e0104937_0244480.jpg
わわわ、当たっちゃいました!新国立劇場のオペラ「椿姫」のZ席抽選!
http://www.atre.jp/10traviata/
http://www.nntt.jac.go.jp/release/updata/20001358.html
http://www.dailymotion.com/video/xf2ast_yyyyyyyy-yyyy_creation

天井桟敷って好き。当たったのは14日!素敵なバレンタインデーになりそうです!

レポート頑張ったかいがあったなぁ。残業カフェにも久しぶりにリクエスト。モーション・トリオのショパン「ワルツ第7番嬰ハ短調Op.64-2」をかけてもらいました。
http://ottava.jp/od_history/od_history.php?program_name=conbrio&broadcast_day=20110210

あのCDで一番好きな曲。斉藤さん知ってたの?今度フローチャート試してみます!

追記:6日のListen OTTAVAの写真!ま、まるい・・・
http://www.tbsradio.jp/listen/2011/02/listen-ottava-4.html


http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1671677521&owner_id=831795

[PR]
by nabocha | 2011-02-11 00:45 | 音楽

Twitter

lundi 7 février
e0104937_21405460.jpg
やるまいぞ、と思っていたのに・・・ついに始めてしまった。
http://twitter.com/#!/nabocha

OTTAVAが楽しくなるかなぁと思って。
http://twitter.com/#!/search?q=ottava

iPhone使いでないのでPCの前からだけです。Web担ゆえ自分で試してみたくなっちゃった。ゆるくつぶやこうと思います。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1669948019&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-02-07 21:49

2月かるふーる

vendredi 4 février

あっという間に2月で、久しぶりに金曜かるふーるに参加。残業がなければ間に合うのよね。
http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2011/02/post-3201.html

Hさんのジェルソミーナ(フェリーニの「道」の曲です)はほんとうに素敵。映画の世界に引き込まれてしまいます。この曲で思い出すのはやっぱりこれ。

★道 La stlada 高橋大輔 / Daisuke Takahashi in Trino 2010


金子先生に習っていらっしゃったというIさんに初めてお会いしました。何とボタンじゃないですの!5列で私よりひとまわり小さい白のWELTMEISTER。かわいい。ボタン弾き結構いるんじゃないの?とうれしくなっちゃいました。真実のミュゼットワルツは鍵盤では弾いていたけど、ボタンでも弾きたいなぁ。

★Emile Vacher - La Vraie Valse Musette


私はバージョンアップのイタリアングラウンドと帰ってきたツバメにトライ。憧れてた曲。ちゃんと弾けるようになろう!

★Marielle Roy - Medley valse musette-Retour des Hirondelles



さて今日はこれからおべっか練。JAAの新春弾き初め大会に笛吹きちゃん♪と出ることになったのだ!大変な時にこんな私につきあってくれてありがとう。。。楽しもうね!
http://www.npo-jaa.jp/

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1668548341&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-02-05 09:58 | アコーディオン

ニューグローヴ世界音楽大事典

jeudi 2 février

音楽学まわりでは知らない人はいないニューグローヴ世界音楽大事典。web日本語版が終了していたことを今頃知って唖然。
http://www.mita.lib.keio.ac.jp/dbnavi/detail.php?db=NewGrove

この前の卒論指導が1年前だったら良かったのに・・・引き延ばしている私がいけないんですが。初回から1年半以上経ってしまった。。。
http://nabocha.exblog.jp/10316026/

検索・コピペですむところを、巻末で探して、本棚から引っ張り出して、3冊たまったらコピー機へ(3冊以上は重くて持てない)。もうこれは力仕事に近いです(笑)。それでもってA3に収まらない。あっと言う間に地下書庫を閉めるアナウンスが来てしまいます。

くやしいのでWayback Machineで見てみたりして。最近β版が出たようですよ。もちろん使えないけど。
http://replay.waybackmachine.org/20090227234959/http://www.grovemusic.jp/

それにしても慶應は音楽のこと調べるにはもってこいの場所。使い倒すぞ!
http://www.mita.lib.keio.ac.jp/find-search/reftool/music/

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1667426077&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-02-03 06:08 | 慶應通信

カフェフィガロに加藤浩子先生

mercredi 2 février
e0104937_192318.jpg
林田さんのamorosoは時間がなくて聴けないのだけど、Blue-Radio.comのカフェフィガロはわりと短いので聴いてる。音楽に関わる方々とのトークが面白いし。そこに音楽史の夜スクでお世話になった加藤浩子先生が出てびっくり。

★林田直樹のカフェフィガロ
http://www.blue-radio.com/program/cafe/

新刊、図書館で予約しました!ごめんなさい、図書館派なもので・・・。

★casa-hiroko 憩いの家
http://www.casa-hiroko.com/

★加藤浩子のLa bella vita
http://plaza.rakuten.co.jp/casahiroko/

★twitter
http://twitter.com/katohiroko


最近夜は三田キャンパスに行ってるけど、図書館閉まるの早すぎ!ブックポストもないし、2月は休館ばっかりだし、24時間開放するぐらいじゃなきゃ、学問は育ちません!
http://www.asahi.com/edu/university/zennyu/TKY200810200361.html

しかし次のレポート〆切が28日なんてひどすぎる。この前の試験結果も分からないのに・・・。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1666896844&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-02-02 06:04 | 音楽