<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2010年08月の検索ワード

1位 都立中央図書館
2位 木を植えた男 日本語訳
3位 御殿場音頭
4位 nabocha
5位 横森良造
6位 練馬 暑い
7位 ottava
8位 クレディフ
9位 めざましテレビ 千代田図書館
10位 ottava con brio
[PR]
by nabocha | 2010-08-31 23:59 | 検索ワード

ジュリー・テイモアの魔笛

mardi 31 août
e0104937_031613.jpg
ようやくレポート提出!ぎりぎりまで頑張りました!というより、いつもぎりぎりな私。まさに夏休みの宿題状態。今回はPCをWindows 7にしてしまったため今までのプリンターが使えず(ノートPCと一緒に母にあげてしまった)、最後の1つはネットプリントを使いセブンイレブンでプリントアウト。事前に仕上げたものは今朝職場のプリンターで!結局練馬の郵便局に出したのは23:53でした~。

まずはottava con brioを解禁。といっても先週こっそり職場から残業カフェに初リクエストしたのよね。ベートーヴェンの「魔笛」による7つの変奏曲。
http://ottava.jp/od_history/od_history.php?program_name=conbrio&broadcast_day=20100826

ジュリー・テイモア演出の魔笛、楽しかった!ノー残業デーなのに「エポケー」な方々のために(笑)残業で台無し!となりそうなところを走って走って観に行きました。
http://www.thirteen.org/sundayarts/the-magic-flute/29
http://jfn.josuikai.net/josuikai/21f/61/ikd/ikd.htm

一番気に入ったのはユーモラスな夜の女王の3人の侍女たち。もちろんパパゲーノも相変わらずタミーノを食ってていいけどね。

★Mozart - Die Zaberflöte /The Magic Flute - I.Act - Kvintet from I.Act


タミーノが笛を吹くと現われる熊さんたちも好き!

★Mozart - Die Zaberflöte /The Magic Flute- Aria of Pamino: Wie stark ist nicht dein Zauberton


モノスタトスもかなり笑えます!

★Mozart - Die Zaberflöte /The Magic Flute - Finale I.Act-Schnelle Füsse, rascher Muth


でもやっぱ夜の女王は迫力あるわぁ~

★Miklosa- Queen of Night Der Holle Rache


さてさて昨日は1時から起きてるんだし、もう寝ましょ。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1572287858&owner_id=831795

[PR]
by nabocha | 2010-08-31 01:14 | 音楽

アンナ・カレーニナ

dimanche 22 août
e0104937_21532894.jpg
チボー家よりもあっさり読んでしまった。科目試験の穴埋めにロシア文学を選んで、その中でもトルストイの長編を選んでしまう私。本命が進んでないのに。受験勉強の時に百年の孤独を読んだ切実さには負けるけど、読んでよかった。人の愛すべき愚かしさ、全てある。もうこの本に書いてあるじゃない?さてあと1週間、もう後にはひけません。レポート書くのみ。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1566240292&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2010-08-22 22:10 | 読書

練馬は熱い その2

mercredi 17 août
e0104937_552513.jpg
昨日は突然友人が泊まりに来るというので、「寝汗だらけの布団はまずい!」と急いで無印で布団カバーを買ってきて除湿したりしたのだけど、結局来ないことになってほっとした~。だって部屋が暑すぎる!昨日の練馬は38.2℃だったそうで。

この練馬の温度、武蔵大学構内にある気象観測所の温度らしいですが、確か仏検会場で一度行ったような?家から20分の距離。近すぎ!

それで友人を待ちながらOTTAVA con brioを聴いていたら、斎藤さんいわくこの練馬の暑さは都心の冷房の室外機の熱風が原因なんだって。それでリクエストが練馬区民優先になってた。う、間に合わなかった・・・。

でもアコーディオンがかかってうれしい!アーカイブにないと思ってた。ちなみにショパンのワルツ第7番嬰ハ短調Op.64-2で、演奏はモーション・トリオのラ・フォル・ジュルネ@ナントでのライブ演奏でした。素敵。
http://ottava.jp/od_history/od_history.php?program_name=conbrio&broadcast_day=20100817
http://www.lfj.jp/lfj_2010/artist/detail/art_95.html

★MOTION TRIO NA FESTIWALU CHOPIN OPEN


OTTAVAのおかげでクラシックをよく聞くようになったけど、気に入るとやっぱりアコーディオンで弾けないのかなと思ってしまうのでした。今気に入っているのは、ガルデルの想いの届く日。これはギターだから涼しいのよね。

★Yasuji Ohagi - El Dia Que Me Quieras


http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1562981563&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2010-08-18 06:54

第14・15回ボタンアコレッスン

dimanche 15 août
e0104937_51764.jpg
★8月5日
待ち時間が長くて眠い・・・プールの後みたい?
子守唄(Wiegenlied)はやめておこう
1音ずつの蛇腹の開け閉め、いかに音が切れないようにするか
力を入れすぎても抜きすぎてもいけない
指も切れないように 耳でよく聴きながら コントロールできるのは耳だけ
楽器の右半分がブレ気味
胸を張ってのけぞると、楽器が安定する ベローシェイクの時など
左手を弾いていないときは、端を持って固定する
蛇腹の動きは最小限 動いているのかいないのか、くらい
重音の時に揺れやすい
さてエンターテイナー いい音が出るのは基礎練のおかげ?
音がのびている時は、次の指の形にもっていく
先取りをして確実にする そこまで先取りできない・・・
指は先にいっても耳は今の音を聞く、頭の中では実はすごいことをやっている
指揮者みたい!
私はまだ音を確認しながら弾いているなぁ
全体的なレベルを上げるためには必要
二重奏はまだまだだめです・・・

そういえば、翌日6日は音楽学の試験の後、久しぶりにかるふーるへ。しまーちさんが高知に旅立たれるとのことで、会いたくて何とか行きました。高知でも頑張ってくださいね。

★8月14日
来週は夏スクのため、土曜に振り替え
暑い!のでまずはひと休み
大田先生、9月はコンサートが目白押し!
私も秋はアコ演奏会に映画に写真展にミュージカルと今から大出費!!
15日も無料なら行こうかなぁ・・・
さてまずは基礎練で助走ということで、24.の子守唄
部屋が変わったら響きが全然違くてびっくり
蛇腹の返しと指の移動がばらばらにならないように
重音から重音に移動するので、両方ちゃんと移動するように
休符をちゃんととっていないので、しっかり休む 息つぎする
伸ばすところが割と適当になってる 休符は弱いのだ~
ここでメトロノーム登場、休みは意外と長いのね
音をのばしている時、次の蛇腹がはやく返りがち
26.は難しい
3つ目の音をちゃんと弾き直すように
重音の下だけ弾いてみる・・・う、できない
上を歌って下を弾く、下を歌って上を弾く練習は楽しそう!
えー暑くて汗が止まりません、のでアコを拭きます
私の楽器はふとんなし、先生はあったけど邪魔で外してしまったらしい
楽器に直接当たらないのが嫌なんだそうです
今度は上だけ弾いてみる、面白い!全然できない(笑)
こうすると両方の声部がちゃんと聞こえてきますね
下の声部が聞こえるようになると、ますます難しくなる
バッハの曲ではよくあることで、考えることが多くなるから難しい
さてエンターテイナー 今日はいきなり二重奏!
いつもと部屋の響きは違うし、座る位置は違うし、
スピードアップするは先生の音に負けて自分の左が聞こえないはで没
特に最後はぼろぼろ・・・
音の違いが分かることはいいこと、とフォローされましたが・・・
ソロ2回め、先生が目の前で試験みたいにして聞くから緊張!
それで間違うところが弱いところなのですが、やっぱり最後が没
展開に入るときは直前のノリを閉じずにインテンポで
展開から戻るときは、ちゃんと一度閉じて終わらせる
汗をかいて指がもつれる 音が鳴っていないところも
左手に手袋をしたら弾きやすくなるかも
先生は逆に手袋があるとすべりすぎちゃって駄目らしい

さてヴォカリーズはアレンジしていただけるとのことですが、先生がお忙しいのでしばらくPalmer-Hughesのテキストから簡単な曲を早く仕上げることになりました。鍵盤時代のテキスト!な、なつかしい!!まずはMerry Widowだけど、他のも復習してみようかな。これをやっていたのは2008年の春。この頃はまだ自分の楽器も持っていなくて、教室のアコで仕事前に練習してたよな~。しみじみ。
http://nabocha.exblog.jp/7609078/
http://nabocha.exblog.jp/7660667/

ところで、この前の大田先生のコンサートの映像がアップされてますよ!

★北川翔&大田智美コンサート01


★北川翔&大田智美コンサート02


★北川翔&大田智美コンサート03


★北川翔&大田智美コンサート04


★北川翔&大田智美コンサート05


それから久しぶりにMさんにお会いして、ダニエル・コランとラウル・バルボーサのCDとコンサートの情報をいただきました。前売りは10月2日(土)発売開始。これも楽しみです。
e0104937_7191699.jpg
★パリの出会い ~2大アコーディオニスト夢の共演~
http://www.respect-record.co.jp/discs/res173.html

★白寿ホール12月スケジュール
http://www.hakujuhall.jp/top/schedule_j/schedule201012.html

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1560726915&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2010-08-15 08:35 | アコーディオン

Ⅰ期:芸術(音楽)

samedi 7 août
e0104937_8573028.jpg
この独立館からの帰り道の眺めはほんとうに爽快・・・ようやく夏スク第一弾が終わりました。部屋の冷房はきくようになったけれど(ウィンドエアコンで後ろの窓を開けなきゃいけないのに閉めていただけだった・・・)、仕事が忙しくて夕方職場に戻ったり、それでも厳しくて木・金は朝7時から仕事開始、昼の暑い時間に日吉へ移動して夜はアコ・・・と鬼のような週でした。

そんな中、試験日前日に論述何書こうかな?と思ってOTTAVA con brioにメールしてみたら、終了1時間前だったのにぎりぎりでかけてくれました。モーツァルトの魔笛からリクエストして、第1幕のパミーナとパパゲーノの二重唱「愛を感じる男たちには」を選んでくれました。こういうのって本当にうれしい。

★Die Zauberflöte (5) Pamina & Papageno


http://ottava.jp/od_history/od_history.php?program_name=conbrio&broadcast_day=20100805


音楽は一応専攻なのでしっかりまとめたいけど、他のレポが書けなくなってしまうので講義項目だけでも。

■教会音楽と世俗音楽
・ガイダンス:西洋史と西洋音楽史の時代区分
・中世・ルネサンス期:教会音楽と世俗音楽

■絶対王政期の音楽
・バロック期:宮廷文化とオペラ、バレエ
・バロック期~古典派:啓蒙専制君主と音楽家たち

■市民社会の成立と音楽(1)
・バロック期~古典派:公開演奏会小史
・古典派~ロマン派:フランス革命期の音楽、オーケストラの拡大

■市民社会の成立と音楽(2)
・古典派~ロマン派:市民社会の成立とピアノ
・古典派~ロマン派:ナショナリズムと音楽

■モダニズムの時代
・近代化・都市化・機械化の影
・近代:モダン・バレエ

■音楽と政治
・近代:スターリズムと音楽
・近代:第三帝国と音楽

以前予備校で世界史を教えていたらしい先生はやけに受験世界史に詳しく(笑)、最近売れている「もういちど読む山川世界史」を参考文献にあげていたけど、図書館で借りられなくて、「手にとるように世界史がわかる本」を読みました。「フリードリヒ大王とバッハ」「進歩的すぎた『フィガロの結婚』」「革命エチュードを書いたショパンは危険人物!?」「ラデツキー行進曲はイタリア戦勝利の記念だった」「ルートヴィヒ2世とワグナー」・・・と音楽に触れているところも多くて読みやすかった。先生やっぱり「のだめ」もたびたび触れてたな~(実は漫画もテレビも映画も見ていない)。風邪ひいたときに大人買いして読みたいもの。

授業中にいろんな曲を聴きましたが、一番面白かったのはモダニズム。気に入ったのはヴァレーズのイオニザシオンです!

★Varèse - Ionisation - Boulez, Ensemble InterContemporain


西洋音楽史上、打楽器だけで作曲された初めての作品で、旋律や和声によらず打楽器の音色、リズムとそのデュナミークの変化で構成されています。ピアノも出てくるけど、打楽器として使ってる。アコーディオンも結構打楽器として使えそうな気がするんだよね(壊れても知りません)。

あとちょっと笑ってしまったのがオネゲルのパシフィック231。

★Honegger - Pacific 231


いつの時代にも鉄ちゃんはいるもので。先生が「鉄オタクラシック」なるCDを紹介していましたが・・・そうそう、木曜のcon brioの最後、斎藤さんが「では皆さん、したっけ、まぁいいやもう、ジェレズニーツェ!」と言ってました。Železniceはチェコ語で鉄道のことらしいんですが・・・。妙なつながりを感じてしまったのでありました。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1555461990&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2010-08-07 11:11 | 慶應通信

第12・13回ボタンアコレッスン

dimanche 1 août
e0104937_20312787.jpg
Piermariaと出会って1年が経ちました。まったくレパートリーは増えていないのですが、いい先生に習えて幸せ。せっかく大田先生についているのだから、クラシックやりたいな。

実はこの前OTTAVAでリクエストがかかったのに気を良くして、ただいまクラシックモード真っ盛り。夏スクで音楽学を取ってるっていうのもあるけど。昔よく朝のバロック(いまはバロックの森だそうで)をよく聴いていたし、第九の合唱をやったり今井久仁恵さんにイタリア・スペイン歌曲をちょびっと習ったりしたので、メロディーを聴いて懐かしい曲があったり、今になって新たな発見があったりするのです。

林田直樹さんのOTTAVA amoroso for weekendを聴いていて、METライブビューイングを知りました。
http://www.shochiku.co.jp/met/

ちょうどアンコール上映をやっているので、ライオン・キングのジュリー・テイモアが演出したモーツァルトの魔笛を観に行くことにしました。楽しみ!

★Mozarts Magic Flute


http://www.justmystage.com/home/mizukawa01/magic-flute-met/magic-flute-met.html

さてさて復習メモ。来週のレッスンは夏スクがあるから、どうやってアコ持っていこうかな?

★7月8日
蛇腹を意識すると運指を間違える(汗)
後半を軽くする
ミーファッ・ファッ・ソーラッ・ソー
ラシドレミレドレドーはレガート気味になめらかに、直前ミドソも
納豆のようにねばる?
ラシドレミレドレドー、2回目は軽く
ラーシッ・ドーレッ・ミーレッ・ドーレッ・ドー
ソードッ・ミッ・ソーミッ・ドッ・ソはいまだ苦手・・・
手のひら返しは弾き始めから、頭をちょっと出す
トリックとしてはほとんど同じ位置にいて、真ん中はほぼ動かず
2つだけ取り出して練習してみる
勢いで、左手を思いっきり出してごまかす!
最後のファミソファ、だんだん重く長くしていく、最初は短く
E♭7(開く) → D7(閉じる)の練習
もし逆で左が上がるのに閉じる、下がるのに開くだったら大変!
レミドラーシッソッ、切る
イントロのレッ・ミッ・ドッ・ラーッ・シ・ソ、4拍目が短くならないように(次早く入りがち)
先生と二重奏、思いっきり引きずられる。。。
曲想をつける余裕なし
器持ちの雨はいやだよ~

★7月22日
「時空を超えて」コンサートのチケットを買う
http://crossair.jp/crossair-2010/
まずは右手の基礎練
開け閉めと指を一致させる
連続音がある場合、残っている音が早くなりやすい
返すときは指をおいたまま、返さないときは指を離す
間が空きすぎてもいけない、
一声ずつで歌っているようなイメージで
ヴァイオリンでずっと同じ音を弾いているイメージ
間があいている・・・きっちりするには力がいる、ちゃんと引っ張って伸ばす
ちゃんと空気を入れないと音がもれる、曲調はやわらかでも実際は力強くコントロール
休符は自然に音が消えるように
音が消えるところで不安になってしまい、次が早く入っている
1音でのべローイングをやめ2小節で音が切れない練習
ピアノだとレガートに聞こえるが、アコーディオンは音が鳴ってから減衰しないので、
指を離すとすぐ切れてしまう
レガートで弾こうと思ったら(レガートで聞こえるように弾こうと思ったら)
ほんの少し音が重なるようにして弾かないと、レガートに聞こえない
ぴったり話すと音が切れて聞こえてしまう
次の音を押すよりも、前の音を離す方に意識をもつ → 離す速度が遅くなる
ヴォカリーズを弾くならこういう弾き方よね?
さてエンターテイナー、まずは一重奏で(?)
イントロ、タイ分のレガートをしっかりのばす
蛇腹が足りない出だしの部分、シレッ・ドーのドーで開く
さて2重奏、だめだめ~ 緊張してあせりまくり
他の音が聞こえてくると、何が何だかわからなくなってしまう!もう一息!
二重奏、まずは慣れ、そして別パートでどんな音が鳴っているか把握しておくこと

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1551384367&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2010-08-01 21:26 | アコーディオン