<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2009年04月の検索ワード

1位 猪浦道夫
2位 横森良造
3位 page d'ecriture
4位 高宮利行
5位 ヴォリュプタ
6位 松永先生 nany
7位 中世英文学史 慶應
8位 VOLUPTA*アコーディオン
9位 page d'ecriture exblog
10位 ヘアスプレー アイネス
[PR]
by nabocha | 2009-04-30 23:59 | 検索ワード

ephemerist

lundi 20 avril
e0104937_23511222.jpg

以前の記事でも紹介したことのある友人Mちゃんですが・・・
http://nabocha.exblog.jp/8517978/
現在下記の展示を行っています!お近くの方は是非ぜひ足を運んでくださいね。
ちなみにéphémèreは「儚い」という意味です。

ephemerist
松田好未
Exhibition: Drawing & Print making
2009年4月15日(水)~5月27日(水)

Athénée Français(アテネ・フランセ) 地下1階学生ホール
東京都千代田区神田駿河台2-11 Tel: 03-3291-3391
開場:9:00~20:00 閉鎖日:日曜、4月29日~5月6日
入場無料 http://www9.ocn.ne.jp/~konomi_m/


さておまけで懐かしい写真を。去年の卒業パーティーの時の1枚。真ん中4人の左端がMちゃんです。アコをかかえているのは私です!
http://nabocha.exblog.jp/8331421/
e0104937_2351444.jpg


http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1144141211&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2009-04-21 00:17 | おでかけ

Bellows Lovers Night Vol.8

dimanche 19 avril
e0104937_9471342.jpg
昨日横浜赤レンガ倉庫でのベローズラバーズナイトへ行って来ました。Bellows Lovers Nightは、1822年にドイツのクリスチャン・フリードリッヒ・ブッシュマンがアコーディオンの原型である蛇腹楽器(ハンド・エオリーネ)を1822年に発明してから180年目を迎えた2002年にスタート、日本屈指のアコーディオニストであるcobaの呼びかけにより数多くのべローズ(蛇腹)プレイヤーが集結し、生誕200年となる2022年までの20年間にわたりカウントダウンライブを行なっていくという日本最大の「蛇腹の祭典」です!
http://www.kirin.co.jp/active/event/RL_club/185-190/klc188.html
http://www.yaf.or.jp/introduce/interview/interview_0412.htm

アコ友のYちゃんとNさんと待ち合わせして、まずは横浜散策。アコグッズをつい探してしまう私たち。アコーディオン弾きの人は少なからず持っているのでは?私はまだペンダントを持っているのみですが・・・こんなに集めている方もいます!実はガチャピンとムックの生みの親、よねやまえいいちさんです。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Stage/8883/index_top.html

それで本題。出演者は(たぶんこんな順番)小川正浩、良原リエ、田ノ岡三郎、アコる・デ・ノンノン、秋山仁、MINORITY ORCHESTRA、檜山学、ポカスカジャン、中山うり、そしてcoba。全部感想を書いていると日が暮れるので、かいつまんで。

★特別ゲストに秋山仁先生・・・そう先生はアコーディオンを弾くのです!
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/suugakukiso/archive/chapter020.html
http://www.ontvjapan.com/article/04_00/no221.php

★田ノ岡三郎さんはお人柄そのままの演奏♪
http://www.fieldbig.co.jp/sabu/
http://usatrene.com/cdshop.html


これ見たらまたタップやりたくなってきちゃった・・・

サブちゃんと一緒に演奏していた方の楽器が気になっていたのだけれど、SteelPanというらしいですよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/スティールパン
http://www.myspace.com/panizawa

★檜山学さんは音色が絶品。「演奏」を聞かせてくれる方です。木苺、良かった~。
http://www.manabuhiyama.com/
最近はorso brunoで活躍しているみたいです。
http://www.bowz.net/orsobruno/
http://www.myspace.com/orsobrunonet





★そして一番期待していた中山うり。空間をあんなに素敵に変えてしまえるというのは何なのだろう?まさにミラクルボイスでした!
http://www.worldapart.co.jp/uri/


横浜、ということで「マドロス横丁」を歌ってくれました。物語性があって好きです。


これは歌詞が素晴らしくて涙が出ました。どこかで聞いたことのあるメロディーラインだな、と思ったら「満月の夕」でした。


こちらも涙なくしては聞けない、名曲ですよね。

終電ぎりぎりで帰ってきました。そうだ、最後にこれも忘れずに書いとかなきゃ。
e0104937_13314670.jpg
http://www.accordions.com/cia/cia_worldaccordionday.htm
5月6日はWorld Accordion Dayです!というのも、1829年の5月6日にウィーンのデミアンが「アコーディオン」を特許登録したからです。180周年記念ですよ!横浜開港150周年と合わせてお祝いをしましょう・・・以上渡辺芳也さんの言付けを受けたcobaさんのさらなる受け売りでした(笑)。

追記:
★吼えろベローズ


http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1142368419&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2009-04-19 13:59 | アコーディオン

類変更?!

dimanche 12 avril

無事科目試験が終わりましたが、非常に気になることがあるのです。卒論指導のお知らせが来たと思ったら、もう一枚紙切れが入っていました。いわく、「所属類と卒業論文構想との関連について」。

「貴君より提出された卒業論文指導調査票に基づき、学習指導室において内容を検討した結果、現段階では貴君の論文構想と所属類が一致していないと思われます。」

!!!

(中略)貴君が今回の構想で論文を執筆する場合には、第1類に変更の必要が考えられますが、具体的には初回指導を受け、指導教員が決定した際に最終的に類変更か否かが決定されますので、(以下略)。」

うううこれは予想していなかった!確かに私の書いた内容はミュゼットの歴史―すなわち音楽。第3類の私は仏文でフランス文化つながりのつもりが、慶應には美学美術史学の専攻もあるのだった!(音楽学もこれに入る)
http://www.flet.keio.ac.jp/dep/arts.html
しかしこれが入ってるのが(哲学を主とする)第1類。もし変更するなら、必修科目は「所属する類から」28単位ですから、すぐにでも哲学系の科目を始めなければなりません!指導日は5月21日だけど、次のレポート提出日は5月25日ですよ、あなた!そんな悠長にしていられないのです!うーん、何だか現実感がないけど今更卒論テーマを変える気もないし・・・。哲学系科目は難しそうで敬遠してたのに、できるのだろうか???

おまけで初回調査票に書いた内容をアップしておきます。恥ずかしいけど。こんなのです。
・・・・・
論文構想
動機:
1年ほど前に趣味でアコーディオンを始めたが、音楽のジャンルとして「ミュゼット」というものを知り、それがシャンソンと並んでフランスを代表する伝統的な音楽であること、またそれが様々な移民から成るパリ特有の歴史及び大衆文化と深く結びついていることを知って、さらに自分で調査しまとめたいと考えた。
アプローチの仕方:
①『パリ・ミュゼット』・『アコーディオン・パリ』等から歴代のミュゼット奏者(及び作曲者)を自分なりにディスコグラフィーにしてまとめる。ミュゼット音楽においてイタリア人のアコーディオンがオーベルニュ人のバグパイプに取って代わるその重要な契機となったシャルル・ペギュリを始め、アコーディオンの優位をその混合奏法で確立しミュゼットの父と言われたエミール・バシェ、1930年代から1940年代にかけて互いに切磋琢磨して活躍したギュス・ヴィズール、トニー・ミュレナ、ジョセフ・コロンボ、ジョー・プリヴァの4人。またツール・ド・フランスの専属となり知名度の高いイベット・オルネ、その他マルセル・アゾラ、ダニエル・コラン、ジャン・コルティ、アルマン・ラサーニュ、リシャール・ガリアーノ等。
②「ミュゼット」の起源について調べる。ミュゼットとはフランス式バグパイプの一種であり、本来は羊飼いなど放牧業に使用されていたが、17世紀からフランス王宮社会の興味をひき、18世紀にはヴェルサイユ宮殿などで演奏されることになった。18世紀後半から王宮社会での人気が落ちるとともに庶民の間で流行するようになる。ダンスホール(バル・ミュゼット)では19世紀の終わり頃からミュゼット・バグパイプの代わりにアコーディオンを使用するようになる。バル・ミュゼットで弾かれるワルツやポルカ、スローなワルツのジャヴァなどの曲は総じて「ミュゼット曲」と称され、フランスやベルギーではバル・ミュゼットが盛んになって以来、ミュゼット音楽がアコーディオンの代名詞のようになる。
③ミュゼットの成立と移民について調べる。19世紀以降産業革命の影響で、パリにはフランス国内はもとよりヨーロッパ各地からの移民が流れ込む。ミュゼットの成立に関して重要なのは中部フランス地方から出稼ぎに来て、彼らの郷土の楽器であるキャブレットというミュゼット・バグパイプを持ち込んだオーベルニュ人。またイタリア移民はアコーディオンを持ち込んだ。現在でもミュゼット奏者はイタリア移民を系譜に持つ者が多く、またアコーディオン工場もイタリアを本拠地としたものが多いこともあって、イタリアはミュゼットにとって最もつながりが深い国。そしてパリのジプシー(ロマ)即ちマヌーシュの存在。マイナー調の曲を好みジャズの要素を積極的に取り入れた彼らはミュゼット音楽に多大な影響をもたらした。
・・・・・
うーん、卒業が遠くなったような。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1136157709&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2009-04-12 20:35 | 慶應通信

Joyeuses Pâques!

vendredi 10 avril
e0104937_5553465.jpg

昨日の朝職場に着くと、私の机の上にうさぎちゃんが!Easter Bunnyをもらったのは初めてでうれしかった~。今年のイースター(フランス語ではPâquesと言います)は4月12日ですね。フランスでは大人がチョコを家の庭に隠して子供たちがそれを探します。クレディフでもCathieちゃんとPilouくんがチョコを食べ過ぎて、おばあちゃんが持ってきたチョコを食べられなくて、"Ils sont polis, ces enfants!"と嫌みを言われてました。懐かし。
http://www.hayakoo.com/paques/
e0104937_5541538.jpg

お昼はだいたい図書館で過ごしているけれど、昨日はあまりに天気が良くて「少しは息抜きしなきゃ」と外でランチをしました。気持ちよかった~!

さぁあとひと頑張りです。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1133843898&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2009-04-10 06:30 | 仕事

春眠不覚暁

dimanche 5 avril
e0104937_745753.jpg
近所の石神井川の桜がきれいに咲いています。
e0104937_7481895.jpg
しかし春だからといってgrasse matinéeをしている場合ぢゃないのだ!来週末は科目試験。アコーディオンはヴォルプタと左手総復習のパリの空の下があります。でもマリーネの曲が先だな・・・しかし民謡って難しい。
e0104937_8161288.jpg
とにもかくにも、Je vais faire de mon mieux!

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1129010760&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2009-04-05 08:49 | アコーディオン

リード・フレンド・マリーネ

jeudi 2 avril

アコーディオンの先生の勧めで練馬のハーモニカ・アンサンブルに入りました。その名も「マリーネ」・・・練馬ですから(笑)。このベタなネーミング、大好きです。発表会は6月、何でも中嶋門下はここを通過しているらしい。かるふーる友達のNさんも参加することになったけど、彼女の先生も私の先生も中嶋門下だもんね。頑張ろう!さて曲目は・・・

1.素敵なあなた(マリーネテーマ)
2.ラ・クンパルシータ
3.黒い瞳
4.ハーモニカソロ・アコーディオンソロ
5.民謡三題(黒田節・武田節・ソーラン節)
6.青い山脈

それで、アコソロを頼まれちゃったのです!何を弾こうか?とただ今選曲中なのですが、これが結構楽しい。いわゆる昭和モダンですよ!・・・まず浮かんだのがこれ。

★東京ブギウギ(tokyo bugi ugi)


それにしても笠置シヅ子って天才。この買物ブギなんて古くて新しすぎます!

★買物ヴギ 笠置シヅ子


美空ひばりでは断トツこれが好きなんですよね。実はカラオケで歌ってたりして♪

★Omatsuri Mambo Misora Hibari


先生が持ってきたのは寅さん。

★男はつらいよ 柴又慕情 予告


あと銀座カンカン娘。

★0197 銀座カンカン娘・他(4曲)


江利チエミ知らなかった。こんな人がいたとは!
http://www.youtube.com/view_play_list?p=BF93BF3338B9B765

★ジャズ娘誕生 ♪カモナ・マイ・ハウス エンディング


ここにあげたのはほとんど服部良一のメロディーなのですよね。こういう感性の人ってもう現れないのでは?

★Soshu Yakyoku 蘇州夜曲 1 - 李香蘭


それにしても私、普段から古い歌をよく知ってるので年齢を疑われるのですが、ますます怪しまれそうです(笑)。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1127053828&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2009-04-02 07:47 | アコーディオン

la fin de l'année fiscale et...

mercredi 1 avril
e0104937_7121928.jpg

年度末で大忙しの3月もようやく終わり。異動で古巣に戻るH課長にガトー・ショコラを作りました。ネイティブ並みの英語もさることながら、関西人ならではのユーモアやウィットで周囲を笑わせてくれた稀有な方でした。

さて今日はpoisson d'avrilです。皆さん気をつけて!

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1125007600&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2009-04-01 07:31 | 仕事