<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2008年07月の検索ワード

1位 めざましテレビ 千代田図書館
2位 たじま牛 視聴
3位 Palmer-Hughes Accordion Course
4位 猪浦道夫
5位 慶應通信 英語学概論 
5位 ポーランド民謡・森へ行きましょ
7位 "Qu’est-ce que vous avez dit"
8位 Page d'ecriture
9位 かとうかなこ アコーディオン視聴
10位 ダムの歌
[PR]
by nabocha | 2008-07-31 23:59 | 検索ワード

語学の勉強方法

jeudi 31 juillet
e0104937_6413792.jpg

いよいよ今日からスクーリングが始まりました!何だか夏バイトで塾講師をやることになって、研修で日吉から上野に行ったり小岩に行ったりしてるから、やっぱり忙しいに変わりはなくて大変。

それで昨日はスクーリングに入る前の行事ということで、卒業論文に関するオリエンテーションと個別学習相談に行ってきた。メインは教員の行う学習相談。予約をしたら、担当が喜田浩平先生だった。フランス語学専攻ということで、うわーすごい方に当ってしまった。
http://www.flet.keio.ac.jp/member/kida.html
http://k-ris.keio.ac.jp/Profiles/0020/0006870/profile.html

なのでこの機会を逃がしたらだめでしょ!とフランス語の勉強方法について質問。本当に真剣に考えていると言ったら嘘になるけれど、通信を卒業したらフランスの大学に留学したいとして、どんなことをすればいいのかとかなりおおざっぱなことを聞いてしまった。

喜田先生によると、まずは読めるようになること。語彙力を増やすこと。そして聞けるようになること。話すのは何とかなるから、とにかく原書でも何でもいいけれど、1日何ページとか何時間とか決めてとにかく読む。それは自分ひとりである程度のレベルまでできることだ。電子辞書では語彙数が足りないからロワイヤル仏和中辞典を買いなさい。分かりやすい目標としては、仏検準1級を目指すこと(仏検1級はやっぱり難しすぎるんだって)。

うーん、この夏トレーニングペーパーはやろうと決めたけれど、さらに厳しいお言葉。でも真剣にやるとしたらそこまでやらんとだめなのだな。いきなり原書!ってのは関口存男を思い出しちゃった。 『関口存男の生涯と業績』、まだ読んでないんだよね。読まなきゃ。
http://www.mita.lib.keio.ac.jp/guide/publication/susume/susume04
以前も関口存男の「語学をやる覚悟」どこからか載せたけど、
http://nabocha.blogspot.com/2006/05/sondern-sekiguchi.html
さっきこんなのも見つけた。うわー関口節。
http://www.venus.dti.ne.jp/~kaisaki/gengoken/pdf/vol10/10kurihara.pdf
1. 文法には統一あらざるべからず。
2. 先づ馬鹿の一つ覚えをしろ。
3. 容易な文例を澤山読め。
4. 逐語訳によれ。
5. 音読しろ。
6. 中腰でやる位なら止せ。
7. 文法上の概念と術語とをはつきり意識しろ。理屈に負けるな。
8. 原書を引きながら辞書を読め。
9. 言は事なり。
10. 欧州人種の概念形態に興味を持て。

真剣にやりたいなぁ。でもまずは秋からの仕事見つけないとね。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=887695895&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2008-07-31 23:36 | 慶應通信

The Last Lecture

mardi 29 juillet
e0104937_2127100.jpg

遅ればせながら、ランディ・パウシュの「最後の授業」を見る。すでに日本語訳つきでYoutubeにあがっていた。とても余命半年とは思えないそのユーモアあふれる語り口とポジティブさに圧倒されてしまう。

★ランディ・パウシュの「最後の授業」1


"Brick walls are there for a reason: they let us prove how badly we want things"
「夢を叶える道のりに障害が立ちはだかったとき、僕はいつも自分にこう言い聞かせてきた。レンガの壁は、僕の行く手を阻むためにあるんじゃない。その壁の向こうにある何かを自分がどれほど真剣に望んでいるか、証明するチャンスを与えているんだ」
"Brick walls let us show our dedication"

夢はかなえるためにあるし、正直に生きていれば必ず夢はかなう。でもほかの人の夢をかなえられるようになったらもっと素敵だ。

見ていて、スティーブ・ジョブズのスピーチを思い出した。私が最初に見つけた時は
http://nabocha.blogspot.com/2006/01/steve-jobs-speech.html
まだ画像が見れなかったけど、こちらもYoutubeで見ることができる。

★Steve Jobs' 2005 Stanford Commencement Address


年に一度は聞いてるかな。やっぱり好きなのはここ。
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future"

今はてんでばらばらに見える道のりも、いつか振り返ればつながるもの。だから自分の好きなこと、大切に思うこと、価値観を信じること。自分に正直に生きること。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=885001781&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2008-07-29 11:04

Merci mille fois!!

samedi 26 juillet
e0104937_21275390.jpg

朝作ったガトーショコラ。3個も作ったのはさすがに最高記録。
e0104937_21281440.jpg

新たな旅立ち。みんなみんなありがとう!これからも仲良くしようね☆
[PR]
by nabocha | 2008-07-26 21:50

心の師匠からの贈り物

jeudi 24 juillet
e0104937_6295827.jpg

1ヶ月沈んでいたけれど、でも楽しいことやうれしいことは記憶に残ってるから書いておきたい・・・そうそう、大事なことを忘れていました!心の師匠、カブトガニさんからもらったDVD、ニッサンマガジンに載った記事、そしてMusetteのCD!毎回切手もセンスがあって気がきいています。ほんとうにほんとうにありがとうございます。素敵!こういうのを何と言うのかしら?粋というか洒脱というか・・・フランス語でぴったりの言葉がありそうなんだけど、うーん誰か教えてほしい。こんな風に年を重ねたいと憧れます。おばあちゃんになってもアコーディオンを弾いてみんなを笑顔にしたい☆そう思います♪

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=879640989&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2008-07-24 06:54 | アコーディオン

アコーディオン昼食会

dimanche 20 juillet

今日は新堀ギターアコーディオン科の藤沢教室・御茶ノ水教室の合同昼食会ということで、横浜・馬車道の紅茶のお店「サモワール」に行ってきました。
http://www.samovar.co.jp/
サモワールってロシアの卓上湯沸かし器のことよね。
http://en.wikipedia.org/wiki/Samovar
お食事はバイキング形式でこんなのを食べました。
e0104937_1852994.jpg

myアコは職場に置きっぱなしなので・・・あのはんぱなく重いハードケースを持って帰る気にならなくて・・・、本日は友人YちゃんのVICTORIAを拝借。
e0104937_3224983.jpg

シュワジベチカはこの日のために練習してたんだけど、くじを引いたらトップバッター!でも最初のほうがいいのよね、後は緊張しないで楽しめるし。で、パーティーの時はがちがちで弾けなかったけど、今日は楽しめました~♪
e0104937_190851.jpg

でも最後のバリエーションはやっぱりうまくいかなくて笑ってごまかしちゃいました。
e0104937_1915614.jpg

同じ教室なのに全然普段他の生徒さんとは会わないから、いろんな人の演奏が聴けてうれしかった~♪なかにはお友達ということでハーモニカを披露する方がいて、場を沸かせてました。人前に出るにはやっぱり話芸も必要なんだなぁ。
e0104937_3205812.jpg

せっかく横浜に来たから買い物とかしたかったけど、がまんがまん。この夏は節約生活をしなきゃね。花火大会ですごい人出だった~。さぁあと一週間、頑張るぞ~。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=875700376&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2008-07-20 19:19 | アコーディオン

卒業パーティー

samedi 19 juillet

先月ひとつ大きな夢が消えた。でも今月ひとつ小さな夢がかなった。
卒業パーティーでのアコーディオンの演奏。
e0104937_21211191.jpg

Les Champs Élyséesを即興で合わせてもらった。これって結構歌うの難しいのよね。「オー・シャンゼリゼ♪」のとこしか分らない人が大半だと思う(笑)。

e0104937_21255133.jpg

シュワジュベチカは見事に失敗。顔が知れてる人の前で弾くのってすごい緊張!しかも立奏は全然練習していなくて・・・途中で逃げ出しちゃいました。

e0104937_21275692.jpg

漫才してるわけじゃないんだけどね(笑)、英語のC先生のノリの良さに助けられました~。

e0104937_21293636.jpg

後半はjukebox状態。基本的に右手しか出来てないんだけど(しかも怪しい・・・)。「枯葉」とかのスタンダードシャンソンから何故かアニメソング(!)までいろんなリクエストがあったけど、中島みゆきの「時代」をリクエストされた時は笑った~。皆で大合唱。
http://jp.youtube.com/watch?v=p-9QV2L50Ck

あとフランス語のF先生には「アコーディオンやるならこれ知ってなきゃ!」と教えてくれたのが、Patrick BruelのMon amant de Saint Jean―サン・ジャンの私の恋人。









この前のレッスンで先生にこのこと話したら、来週楽譜もらって練習することになった。覚えてF先生に聞かせてあげたい~。この曲、歌えるようにもなりたいな。歌詞はこちら。
http://blog.livedoor.jp/toilepoete/archives/51566483.html





来年も是非来て弾いて!と秘書のKさんに言っていただいて感謝。これも何かの縁だものね。来年はまともに何曲か弾けたらなぁ(できればボタンで)。Life is what happens to you while you are making other plansとはよく言ったもので、人生何が起こるか分からない。そんな自分を笑い飛ばせるだけの元気をいつも持っていたい。今回の一件では人のあたたかさを身にしみて感じた。大切な友人、家族・・・これからいっぱい恩返しします。

来週の土曜日が最終日。この夏はスクーリングと求職であわただしいけれど、フランス語まじめに取り組んでみたいと思う。いい仕事が見つかりますように。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=874850400&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2008-07-19 22:08 | アコーディオン