<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

フランスのアコーディオン学校の教授法2

mercredi 19 décembre

またもやPCがおかしくなり(Ctrlが押しっぱなしの状態になっちゃう)アップできなかったけど、機嫌がいい今のうちに。先週は授業最終週で忙しかった・・・去年も同じこと思ったけど、こんな早くからから「良いお年を~」って言うのが何ともいい雰囲気。去年の日記↓
http://nabocha.exblog.jp/4730071/
まがりなりにもアコ弾きになってます♪やっぱりやりたいことは書いておかなきゃ。1年後にやりたいことは・・・楽器可物件に引っ越すこと!(道を間違ってるような。。。でも音大近くの寮みたいなとこは家賃だけなら今より安い!それで歌も歌えるしつぶやき練習も気兼ねなくできるなら最高よね~)

で、訳してみた。ずいぶん間があいちゃったな。辞書ひきひきでよく分かんないとこあるけど、そこは想像力でカバー。←これ大事よね(?)譜面は省略してあります。

.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。☆。.:*:・'゜★゜'・:*。☆。.:*:・'゜

ジャック・モルネ氏による教授法

     楽器の完成度を高めるための講習

              内容

あなたが初心者であっても腕の確かな演奏者であっても、何歳であっても、学生であっても先生であっても、あなたの演奏スタイル(フォルクローレ・ミュゼット・ポップ・スウィング・ジャズ・クラシック・現代音楽)が何であっても、いずれをも問わないのが、以下に示す夏期講習でスニマが行っている団体講習(1日2時間)の内容なのです。この講習は私が個人的に進行を勤めているものであり、この講習によってあなたは上達する、しかも急速に上達ことができるでしょう。

たとえあなたがまだ全部を理解していないとしても、この内容の個人的なアプローチを始めてしまってください。この講習の効果はしばらくとどまることでしょう(この団体講習に続く1日各々_時間の2つの個人講習がより簡単に感じられることでしょう)。

1.姿勢と楽器の位置
猫のようでなければなりません(柔軟で、軽快で、機敏に・・・)。

2.蛇腹の扱い方
蛇腹を開く記号はП、閉じる記号はで示します。
蛇腹の操作には4つの方式があります。
-ロシア式
-アメリカ式
-フランス式
-混成(フランス式とロシア式が混ざったもの)

このフレーズをそれぞれ違う方式で蛇腹を開き、また閉じて練習してみましょう。何が分かりますか?

3.フレーズ第一音の出し方(アタック)
☆サクソフォーン奏者のことを考えてみましょう。まず始めに息を吸う時マウスピースを口にくわえて、タンギングで音を出しています。

☆アコーディオンで同じことをしてみましょう
蛇腹と体をあらかじめ張った状態で、指でアタックして音を出します。手と腕の全ての重さを使うようにします(アタックする前に手を持ち上げることは、このアタックに力を入れるために多かれ少なかれ重要です)。

4.本物の音楽を奏でるには?
あなたの感受性と感情のすべてを楽器で表現するためには、体と楽器の相互の影響をどう考えたらよいでしょう?

音楽=2つのことの交替  
☆緊張と緩和
☆押しつけることと緩めること
☆クレッシェンドとデクレッシェンド

5.レガートの練習
習得するのが最も難しいアーティキュレーションです。
指は鍵盤により近く置かなければなりません。体を使って助けること(またはその影響)が必要不可欠です。

6.蛇腹の方向の切り替え
蛇腹の方向を変える前に、最後の拍まで弾くように練習しましょう。

7.ルレ(LOURÉ)の練習
アコーディオン奏者にはほとんど知られていないこのアーティキュレーションは、非常に効果的なものです。管楽器(サクソフォーンやクラリネット、フルート、トランペットなど)を演奏する人たちにっとては、このアーティキュレーションは「つながりの中のアタック」つまり「音の中のアタック」と呼ばれているものです。ルレは音を中断することなくそれぞれの音にタンギングをすることで表現します。
アコーディオン奏者にとっては:音を中断することなく指でそれぞれの音をアタックすることです。
注意:指を鍵盤から離してはいけません。アタックは鍵盤を押し込んだその奥で行います。

≪レガート≫の練習をやり直して、≪ルレ≫を理解しましょう。

8.スタッカートの練習
スタッカートを習得するには4つのやり方:
-腕を使う
-手首を使う
-指を使う

9.タッチ
タッチはその時その時で音楽に合わせたものでなければなりません:柔らかく-軽快に-空気のように-際立たせて-神経質に-攻撃的に-愛撫するように・・・

あなたのタッチをよりよくするために:3つの練習
1.このフレーズを非常にゆっくりと、そして非常に強く、よりレガートで、鍵盤を深く押して弾く。
2.このフレーズを非常にゆっくりと、そして非常に強く、ルレで、鍵盤を深く押して弾く。
3.速いスタッカート。ある程度の速さによって、スタッカートは吸い込まれるような音になり、軽快で、繊細で、空気のようなレガートに変わります。

10.左手の伴奏を習得するには?
左手が刻んでいる韻律、というその名に(感覚的に)ふさわしいような左手の伴奏を習得するには?

11.左腕の筋力を強化するには?
ピラミッド

12.演奏中に体を効果的に使う
足の先から髪の根もとまで全て、深く感じられるようにしておかなければなりません。
-まず楽器なしで体を使ってフレーズを歌ってみましょう。
-座って、アコーディオンがあると想像して同じ練習をしてみましょう。
-そうしてから楽器を取って、「奇跡」を実感してみましょう。

結論:
講習の最後には、テクニックと楽器の音楽性を結びつけることが非常に易しく感じられるようになるでしょう。そうして我を忘れてレパートリーに取り組むことができるようになり、あなたのスタイルに取り組むことがもっと簡単に、もっと効果的にできるようになるでしょう。
来月は、今月取り上げたテーマを復習して、(さらに上級の方々のために)さらに高度な練習を設けるか、もしくは実践のテキストをお渡しします。それに加えて指使いのみの練習、右手もしくは左手のみの練習、及びシンコペーションとコントルタンの練習に取り組みます。 
次回のスニマでの講習に是非参加してください。日程は以下に示す通りです。
(以下省略)

.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。☆。.:*:・'゜★゜'・:*。☆。.:*:・'゜

あくまでもいい音、いいフレーズをつくるためのテクニックであって、やはり音楽性が大事。ひとつの音を出す時から音楽ということだ。体を使って(時には顔を使って!)音楽をつくる、空気の柱が自分から出てきてそれを解放するようにして音を出す、つまりは歌うようにして弾くってこと。
[PR]
by nabocha | 2007-12-19 07:43 | アコーディオン

フランスのアコーディオン学校の教授法

lundi 10 décembre

谷口楽器アコーディオントークもこれで4回目(シリーズ自体は10回目みたい)。毎回参加してるので常連になってしまった。今回は前原克彦氏による「フランスのアコーディオン学校の教授法」。前原さんは以前もお話されたようで、その時は「フランスアコーディオン留学物語」だったらしい。
http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/blog-entry-14.html#more
聞きたかった!

今回は、ジャック・モルネ先生創設のアコーディオン学校スニマの教授法を、前原さんが実際にアコーディオンを弾きながら紹介するというもの。これって・・・アコ弾いてる人なんでもっと集まらないんだろう?無料でこんなこと聞けるなんてそうないよ~
スニマってなんだろうとずっと???だったんだけど、クロマティックアコーディオンのかとうかなこさんが留学したのがここだったみたい。CNIMA国際アコーディオン学院。
http://www.cnima.com/
Centre National et International de Musique et d'AccordéonのあたまをとってCNIMAというらしい。

前原さんはここの夏期講習に参加されたようで、そのレジュメもひとりひとりに下さった。もちろんフランス語。せっかくだから内容をまとめたいけど、仕事から帰ってきてからにしよう。その前にアコの練習もしないとね♪
[PR]
by nabocha | 2007-12-10 11:00 | アコーディオン

アントワーヌ語録

samedi 8 décembre

「チボー家の人々」を図書館に返す前に書いておこう。この物語のひとつのクライマックスは、反戦ビラを撒きに飛行機に乗り込んだジャックが、墜落して生き延びた上であっけなく殺されてしまうという、悲劇ともいえないような最期なのだけれど、何と言っても圧巻なのは、死を前にしたアントワーヌが人間の精神と世界の行方について思いをはせる壮大なモノローグ。

(最終巻p124)
自分の性質の本質がなんであるか、それをたんねんに求めてみなければ。自分の真の性格を、すこしずつ発見するようにつとめるのだ。ところが、これはやさしいことではない!多くの者は、ずっと後になってからようやくそれに成功する。また、多くの者は、ついに成功しないでおわってしまう。そのためには、じゅうぶんな時をかけなければ。何もいそぐにはあたらない。自分がつかめたとなったら、時をうつさずあらゆる借り着をすててしまうがいい。限られ、欠点を持ったものとしての自分自身をみとめるのだ。そして自分を、その正しい方向へ向かって、健康に、正常に、なんのけれんも用いないで発展させようとつとめるのだ。みずからを知り、みずからをみとめるということつまりは、必ずしも努力を、また完成を思いあきらめることではなく、むしろその逆なのだ!それこそは、みずからの最大限に到達する絶好の機会を持つこと、とさえ言えるのだ。というわけは、そうあってこそ、感激が、はじめてその正しい方向、すなわち、あらゆる努力が実を結ぶ正しい方向へ向けられることになるからなのだ。力のかぎり、みずからの視野をひろげるようにつとめるのだ。だが、それも自分の持って生まれた視野でなければならない。そして、その視野が、はたしてどんなものであるかをよく理解したうえでなければ。人生に失敗する人たちとは、もっとも多くの場合、出発にあたって、自分自身の性格について思いあやまり、自分のものでない道に迷い込んだ人たち、または、正しい方向へ向かって出発しながら、自分の力の限界にふみとどまることを知らなかった人たち、あるいはまた、そうした勇気を持たなかったところの人たちなのだ。

(最終巻P156)
いつも心で、星の世界に生きているように思っている天文学者は、ほかの者たちよりもずっと楽な気持ちで死ねるだろうと。
それらのことについて、おれはいつまでもいつまでも考えていた。空に吸いこまれる眼差し。無限な、そして望遠鏡が少しでも改良されると、たちまち距離を深くしてゆく空。それは、あらゆる空想の中で、とりわけ心をなぐさめてくれる空想というべきなのだ。この限りない空間、すなわちそこでは、われらの太陽とおなじような無数の天体がゆっくり回転し、そこでは―われらの目にとても大きなものに見え、地球にくらべて百万倍も大きいはずの太陽でさえ、まったく取るにたりないもの、何千何万というほかの星の中で、単に一つの単位にすぎないといったような空間・・・
天の川。これこそは無数の星、無数の太陽のこなであり、そうした天体のまわりを、たがいに何千万キロもへだたりながら、何十億という天体がまわっている!それにあの星雲、そこからは、数しれぬ未来の太陽が巣立ってくる!しかも天文学者たちの計算によれば、こうした密集した無数の世界も、あの無限の空間―そこでは、われらにその全部がわかっていない無数の放射、重力による無数の反作用が縦横に飛びかい、そのためにたえずふるえつづけているらしいエーテルの世界にくらべるとき、ほとんど無にひとしいものであり、ほとんど取るにもたらぬ小さな位置しかあたえられていないという。
こう書くだけで、すでに想像力はゆらめかずにはいられない。何やらたのしい目まいとでもいった感じ。今夜はじめて、そしておそらくこれを最後に、おれは自分の死について、一種の落ちつき、一種超然とした無関心な気持ちで考えることができた。苦悩から解き放され、そして、滅びゆく肉体にたいして、ほとんどどうでもいいといったような気持ちがする。おれというもの、それはまさに無限小な、そしてぜんぜんなんの興味にも値しない一個の物質なのだ・・・
こうした平静さを見いだすため、おれはこれから毎晩、空をながめる決心をした。
そして、いまは朝。新しい一日。

うわー長い引用。2つめのほうは池澤夏樹の「スティル・ライフ」を思い出した。自分の内なる世界と外の世界の調和をはかること。たとえば、星を見るとかして。

以下は自分へのメモ。カミュ「マルタン・デュ・ガール論」(p243)の以下の一文の考察。
私がもっとも感動するアントワーヌの言葉は、彼が死の少し前に綴った「私は平凡な人間にすぎなかった」という言葉である。(中略)作品全体に力を与え、その深い動きを照らし、賞賛に値する『エピローグ』を飾るものは、その平凡なる人間である。要するにユリシーズの真理がアンチゴーネの真理を覆っているのである。ただしその逆は真実でないのだ。
[PR]
by nabocha | 2007-12-08 07:25 | 読書

キャスケット・アンチゴーヌ・海に来たれ

mercredi 15 décembre

徒歩通勤であんまり寒いので、通勤途中のラクーアのHushushで買った帽子をもう1ヶ月以上前からかぶってるんだけど、これが重宝で形もかわいくてお気に入り。耳が隠れるからあったか~い。こういう形はハンチングでなくてキャスケットというのね。冬の間はお供だわ。
http://www.boushi-no-marukei.com/cas-special.htm

レポート、月曜出勤のぎりぎりまで書いてた!総合教育科目の文学は「チボー家の人々」で。文学部専門教育科目の十九世紀のフランス文学Ⅰはバルザックの「谷間の百合」、二十世紀のフランス文学はカミュ「異邦人」との比較でアヌイの「アンチゴーヌ」・・・と行きたかったけれど、間に合わなかった。最初ジュネの「泥棒日記」にしようと思ってたんだけどどうもしっくりこなくて。いろいろ探すうちに「アンチゴーヌ」発見してぴかーんと来てしまった。遅れてもいいからこっちで書こう。ここで読めます。
http://homepage2.nifty.com/parad/Antigone/Antigone0.htm
劇団四季がフランスの劇作家ジャン・ジロドゥとジャン・アヌイの作品の上演を目指して結成されたことはつい最近知ったのだけれど、うーん、舞台で見たい。ソポクレスの「アンティゴネー」の方も調べてたらSFCの堀茂樹先生の講義がネットで見れることが判明。すごい。

なにはともあれアコも順調に進んで、つい最近楽譜もコピーでなくPalmer-HughesのAccordion Course Book2を買って、今は交互ベースの練習中。で今日行ったらなんと、1月の発表会に出ませんか?とのこと。まだ半年経ってないよ~。曲目はVIENI SUL MAR。有名な海に来たれ、です。楽器もそろそろ・・・と言われたけれど予算なし。場所なし。実家にかなり昔通販で買ったアコあるけど、壊れてなければ年末に特訓しよう。年明けはアコーディオン喫茶かるふーるにも顔を出してみる予定。
http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html
何か弾けたらいいな。
[PR]
by nabocha | 2007-12-05 23:06