カテゴリ:アコーディオン( 116 )

札幌下町のパリ祭

7月の連休に札幌へ行きませんか?札幌のミュゼット酒場「ガンゲット・ダイマ」10周年記念の生演奏パーティーがありますよ!
http://guinguette-daima.com/
http://www.myspace.com/la_zone

★2011 札幌下町のパリ祭★
2011. 7. 17 (sun)
12:00~15:00 (受付開始11:30)
東京ドームホテル札幌 B1 クレストホール
会費 ¥5,500(お食事、飲み放題付)・要予約

私はカブトガニさんとご一緒する予定です。アコ弾きのあなたも是非!ボタンアコのKUMIさんによると、「飛び入りコーナー的な時間を設けていますので、ぜひ演奏もお願いします~」とのことです♪

★2007ダイマ忘年会(その1)


★2007ダイマ忘年会(その2)


ついでに初の北海道旅行ももくろんでおります。楽しみ!

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1731354501&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-06-03 06:00 | アコーディオン

第27回~29回ボタンアコレッスン

ぎゃ、3回もレッスン記をさぼってしまった!
無駄に長いエントリーであります。

★2011年3月26日
今回はツイッターでおしゃべりした方が偶然見学にいらっしゃいました
当然のごとく地震の話に
先生は横浜にいてホテルはとれたものの29階で大変だったとか(笑)
楽器が無事でよかったですね
御喜美江さんもコンサート全部キャンセルして帰っちゃいましたからね
楽器を部屋から廊下に引っぱり出して、1分後ぐらいにそこにタンスが倒れてきたとか
http://mie-miki.asablo.jp/blog/2011/03/12/5737389
本当に間一髪・・・恐ろしい
私は39℃の熱が出たまま保健室で一晩寝ていました

発表会、いつの間にか1か月前!
持ち時間は5分でイタリアンは3分で終わってしまうので
ソロで「エンターテイナー」短縮版をやることに!

さてイタリアン
指はだいぶいってる、テンポもいいので、
あとは音楽の感じ方としてもうちょっと流れがほしい
先に先にっていう流れ
池でなく川がほしい(笑)
和音が増えたので、実際8でひとまとまり、が以前よりできなくなってる
まず4で考える 2小節でクレッシェンド、2小節でデクレッシェンド
4小節で終息、というか細かいフレーズの終わり、というのを意識
和音がいっこいっこになっちゃいがち
3小節目に向かっていく
いまは縦の線を読んでる感じなので、もう少し旋律が流れるように

54(ラシラソファミレー)をきれいに弾きたいのですが・・・
2のドは弾き直さなくてよい
レに向かってだんだんクレッシェンドしながら弾く
レに入るのが一瞬遅い
うーん、たどたどしい(笑)
ちょっと速くして練習して、ゆっくりにすると自分の中に余裕が出る
ゆっくりの曲をやるときは、やるテンポよりもだいぶ速く弾けるようにしておく
いつもの逆ですね・・・
ゆっくりの曲をゆっくりだけで練習していると、流れが分からなくなる
8小節をぎゅっと縮めるとどんな音楽なのかが分かる
本番はだいたい92くらい
112くらいで練習してみる

77のミレドシラソラーもラに向かってクレッシェンド
親指抜かして弾いてみる
そうすると音楽が流れるので自然となめらかになる
気持ちが向かっていくことを確認
実際は音が足りなくなるのでそんなにはしない
笛のドーをサポートする

41のタイ、自分の中で意識する 他のタイも一緒
33は蛇腹が足りなくなる?
・・・引っ張るときはまっすぐ、どちらかというと前の方に
足りなくなってきたら後ろへ、蛇行?(蛇腹だけに)

この子、楽器の大きさの割にはベースがよく出る、空気も食う?

46のところは音を大きくする必要はない、エコモードで長くするだけ
最後の動きのところの音が出るように

4から5は飛ぶと思わないで
ミはずっと鳴ってるから、そこを基準にずれると思ってみる
前と共通する音を軸に移動していく
音が同じ場合、弾き直さなくてもよい
残りの音が切れても1ヶ所つながっていればレガートに聞こえる

16の最後はメロディーなので弾き直す
最後の3つの音を全部一緒に押すと思ってみる
1だけ残してもレガートには聞こえる
指にそんなに無理をさせない 残すのはメロディー

50のとこもメロディーのとこは離さない
ラーシド―のドーはファにつなげる

65は光がさす
ずっとmollで来てるのがいきなり明るくなるので
弾く前にこの音は明るい音!明るくなるよ!と思うこと

その音から雰囲気を変える、というときに、
その音が鳴ったときに自分の気持ちが変わったのでは遅い
その音が鳴る前に自分でその気持ちになってから音を出さないと
そういう音が出ない
ミからミ♯、ベースは変わらない
ミからミ♯を取り出して、音色が切り替わるのを頭の中に入れる

音色を変えるとき変えなきゃいけないのは自分の気持ち!

★2011年4月16日
短縮版エンターテイナー
試しに弾いてみて、2分弱
最後自信ない・・・
トレモロ、最初はちょっとゆっくり弾いて徐々に速くする
速くしようとしすぎると音がちゃんと鳴らずに貧弱な感じなってしまう
最初にわーと出してだんだん速く
もったいぶって!
逆にお客さんが「次、何?」っておちょくるような、いらっとさせる間(笑)でよい
ラストに入る手前はぴたっと切る 左の最後ちゃんと出す
最後は派手でもお化け(?)でもよい
エンターテイナーなんで、エンターテインしないとね!
蛇腹は2音開く、1音閉じる、最後開く
最後の右を探す時は左を鳴らしておく

気をつけないとフレーズの終わり(特に蛇腹を返すところ)が欠ける
特にソラ#ラで返すところ、次の左のDGDD7を間違えやすい
テンポはそんなに速くなくてよい 本番は速くなるので、もっと遅く練習
ミファ#ファソーラソーの部分は先に先に
ドーラドー、ラドラの後、ソのオクターブをとってみる ソは意外に遠い
願わくばソドミソを全部 ソドミだけとオクターブができてればOK

順番はまだ決まってないとか、バラライカの方は当日くじ引きだそうで!
バラライカ→アコソロ→バラライカ→アコアンサンブルてな感じ

先生が奈良のコンサートで弾く楽譜を拝見。
まるで絵画のよう!ジェットコースターみたいに弾いて、だとか・・・
拍なしの楽譜初めて見ました

★2011年4月30日
笛吹きちゃんとの合同レッスン
他の発表会とぶつかって、狭い練習部屋になってしまった
2ヶ月ほど合わせておらず、ぶっつけ

1回目、前半入りが遅れるところあり リコーダーのテンポを聞くこと
下の和音が遅れて聞こえると、えっ?となっちゃう
終わりはもうちょっと終わりという雰囲気だとよい
最後の何小節かを消え入るような感じで もう少しrit

2回目、前半の笛のブレスをもう少し聞くこと アコが先にいってる
もう少し自信ありげに弾くこと(!)
探ろうとすると音にゆらぎが出るので、蛇腹にためらいは禁物
ふっと音のふくらみがしぼんでしまう
裏旋律のとき、もう少し一緒に歌う感じで その方が合いやすくなる

3回目、33のところ、もっと話しかけてください(つれないと何度も言われてます、はい)
85の蛇腹返すところ、ぎりぎりまで音を出すこと、頑張ってすぐ返す

時間が余ったのでエンターテイナー、思い出すだけで恥ずかしい
あの至近距離で師匠2人にガン見され、死亡いたしました。以下没。
・・・としたかったけど、やっぱりちょっとはメモ
最後はだんだん遅くすること いかにも楽譜にそう書いてあります!風に
だらだら続けずに、入りを意識する(サザエさんステップをひらめきました)
ラスト3つ目の左のD♭は降りていく途中で触れるとよい、戻らないで探し当てる!
Dは32でせっかくとっているので、4の指を下で準備すること

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1717413189&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-05-06 17:47 | アコーディオン

モーション・トリオ@LFJ2011

初めてのラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン。もちろん目当てはモーション・トリオ。アコーディオン三重奏です。有料プログラムがホールの関係で中止になったのに、こうして日本に来てくれた彼らの心意気に大感謝!
http://www.lfj.jp/lfj_2011/
http://blog.ottava.jp/la_folle_journee_2011/

左からヤヌス・ヴァイタロヴィチ(Janusz Wojtarowicz)さん、マーチン・ガラツィン(Marcin Gałażyn)さん、パヴェル・バラネク(Paweł Baranek)さん。
http://www.motiontrio.com/en
e0104937_648685.jpg
とにかく度胆を抜かれます。アコーディオン好きの方もクラシック好きの方も聞かなきゃ損です。何せ無料!
e0104937_713098.jpg
ボタン弾きが2人いるのもうれしい。そういえば3人ともピジーニで揃えてたなぁ。
e0104937_7313654.jpg
一番良かったのが真ん中のマーチン・ガラツィンさん。速弾きにも見とれますが、表情が面白くて(笑)。アコがだんだん打楽器に見えてくる。
e0104937_7315446.jpg
サイン会があるというので、いの一番にもらってきました。
e0104937_732152.jpg
これは去年注文したショパンのCDですが、会場では売ってなかった。もったいない・・・
http://nabocha.exblog.jp/13278624/

★6/12追記:HMVで買えるようになったようです!
http://www.hmv.co.jp/product/detail/4095016

今回予定していたプログラムのCD、そのうち作ってくれるかなぁ。OTTAVAではナントのライブ音源で今のところブラームスのハンガリー舞曲第1番と第5番、リストの愛の夢とハンガリー狂詩曲をかけてくれてる。ちなみにこんなプログラムでした。

ブラームス:
ハンガリー舞曲第1番
ハンガリー舞曲第19番
ハンガリー舞曲第5番
ハンガリー舞曲第21番
わが心の切なる願い(11のコラール前奏曲 op.122より 第10番)
モーション・トリオ:
春の最初の日
リスト:
愛の夢第3番 変ホ長調
ハンガリー狂詩曲第2番 嬰ハ短調
※全てヤヌス・ヴォイタロヴィチによる編曲

春の最初の日はYoutubeにアップされてました。

★Motion Trio & Deutshe Filmorchester - First Day of Spring


2回の演奏を楽しんだ後、OTTAVAブースで斎藤さんにお会いすることができました。震災後の放送、ほんとうに大変だったようです。4kg痩せたとおっしゃっていました。ずっと応援しています。心をフォルテに!

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1716163095&owner_id=831795

[PR]
by nabocha | 2011-05-04 08:58 | アコーディオン

楽器を被災地へ

e0104937_2250788.jpg
試験が終わって、いつの間にか桜が満開。やっぱり春はやってくる。

先週のクローズアップ現代で、被災地の子どもたちを特集していた。
http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=3025

避難場所は仮住まいであって、生活をしてゆくためには、故郷を離れなければならない人もたくさんいる。もっと友だちと一緒に遊びたかっただろうに、どうしようもなくちりぢりになってゆく子供たち。

そんな子供たちを見た先生が、「どうにかこの学校での思い出を作ってほしい」と考えたのが、毎日ある歌を歌うこと。「一人の手」という歌だった。

★一人の手 〔本田路津子〕


先生が手にしていたのはバスアコーディオン。ああ、こうやって楽器が役に立つのなら、眠ってる私の鍵盤アコーディオン送りたいんだけどな。
e0104937_22234221.jpg
ピアノがなくても、アコーディオンなら音楽の授業ができる。con brioの楽器を被災地に送るプロジェクト、まだ動きがないからなぁ。

リコーダーとピアニカを集めてるところを見つけた。
http://www.gakki.me/n/data/2011041104.html

あ、これいいかも。宮城県楽器BANK。
http://windslabo001.blog89.fc2.com/blog-entry-63.html
ただ、アコーディオンは入らないかなぁ。楽器( 管楽器・打楽器など吹奏楽団体が使用できる楽器)、用品( 木管リード・マウスピース・マレット・譜面台等)、その他の楽器アクセサリー用品、ってある。

とりあえず情報だけ斎藤さんに送ってみよう。
e0104937_21472734.jpg
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1704827399&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-04-11 22:54 | アコーディオン

3月かるふーる

mardi 8 mars
e0104937_453131.jpg
今月は満席、昨年の11月のかるふーるを上回るぜいたくなメンバーでした!写真は工藤さんのところからいただいています。集合写真あまり撮らないから貴重~!
http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2011/03/post-ce79.html

楽しみにしていたミニライブ、池内さんはジャズのイメージがあるんですが、ミュゼットをたくさん聴けました♪ 全部暗譜&立奏というのが素晴らしい!私、穴があったら入りたいです。。。
http://yaplog.jp/accordion0210/archive/209

高知から来ていたしまーちさん、初めてお聴きしたユニット「おとひさ」、ポコ・ア・ポコ、渡辺芳也先生、五十嵐美穂さん、小川正浩さんの飛び入りもあって、もうおなかいっぱいでした。。。

かなかなさんが弾いてた新しいドラえもんの歌、知らなかった・・・今の子供たち相手にはこれじゃないといけないのですね!

★夢をかなえてドラえもん


渡辺芳也先生はアゼルバイジャンのガルモンというアコーディオンをお持ちになっていました。
e0104937_563357.jpg
名前入りなんです!こんな楽器を作ってくれる友人がいるなんて、すごいですね・・・

私は相変わらず進歩しないイタリアン・グラウンドですが、五十嵐美穂さんに「いい曲ですね」と声をかけていただき感謝感謝!通奏低音だけでも美しいですよね、この曲!(と自画自賛する)

★Anonymous - An Italian Ground


試しに図書館からいろいろCD借りて聴いてみたけど、アコーディオンのように通奏低音やる例はもちろんなくて。それがおもしろいんだけど。

ブロックフレーテの魅力~涙のパヴァーヌ
http://www.amazon.co.jp/dp/B000244TP6/
パンの笛~フルート、その音楽と楽器の400年の旅
http://www.amazon.co.jp/dp/B002SDNFQI/
ブリュッヘン・エディション~リコーダーの芸術
http://homepage2.nifty.com/giizo/cd/cd_bru_edi.html
サリー・ガーデン~イギリスの愛の歌
http://artist.cdjournal.com/d/down-by-the-sally-gardens/3198100512

五十嵐美穂さんは5月に恒例のリサイタルがあるそうで、来月のミニライブ、何としても定時上がりで聴きに行きたいもの。ポンキエッリの時の踊りを聴かせてくださいました。これ聴くとこの映像が浮かんでしまう私。

★La Danse des Heures - Fantasia 1940


最後の最後にアンコールで池内さんウィリアム・テル序曲弾いてくださいました。か、かっこいい!今回はクラシックたくさん聴けたなぁ。満腹。

さて、かるふーるの後は5月の山の手線歌声の練習。曲目がものすごい!
http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2011/02/post-6014.html

1.青春時代
2.異国の丘
3.鐘の鳴る丘
4.朧月夜
5.ああ上野駅
6.カチューシャ
7.銀座カンカン娘
8.ウラルのグミの木
9.青い山脈 
10.わたぼこの中に咲いた花
11.BELIVE
12.故郷
13.坊がつる讃歌
14.みかんのは咲く丘
15.鉄腕アトム
16.ともしび
17.東京ラプソディ

楽しみだー!しかもこれ頑張ればレパートリーが増える!やるぞー!6時まで練習して、急いで帰ってListen OTTAVAに間に合いました。あぁ盛りだくさんな1日だった・・・。
http://www.tbsradio.jp/listen/2011/03/listen-ottava-5.html

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1685416949&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-03-08 06:03 | アコーディオン

第26回ボタンアコレッスン

jeudi 3 mars

★2011年2月26日

弾き初め大会は失敗しました。。。
大田先生、25日誕生日だったそうで、いちご大福をどうぞ
http://www.kyorakudo.co.jp/products/detail.php?product_id=33
私が1歳上なんだけど、学年は同じということが判明
あら、タメじゃないですか!

今日の課題は後半49以降の左の内声を右で弾けるようにすること
もう指がパズル状態であります
54のラシラソファミが難しい!
手首を回す感じ、指だけで行こうとすると届かない
65のヤコブの梯子のとこも指を変える
73のとこは息継ぎがあるから、同じ指にしない
77のとこは揺れやすいんだけど、練習あるのみ!
内声のドからレは1ですべらせる

次の課題は44を自然に弾くこと
ミーシーで息継ぎ、そこで返しちゃう
左のEは弾き直してもそんな違和感はない(ただ指は離さない)
Eが先行しないように、全部一緒に出ること

ここで全部弾いて指を見てもらう
最初の和音のとこは笑われてしまった。。。
3つの和音の移動がほとんど234で弾いてるので危険
自分で振ると5と1がなくなりがち
鳴り続けている音を基準にして、できるだけ別の指で弾くこと
今の弾き方は大きくジャンプしてるので、緊張してたりするとほんと危険!
重なっている音を軸に弾いていく
つまりはピボットですね!
最後も指を振り直してもらう

一応全部の声部に意識をはりめぐらせなくてはいけないので
結構難しいですよ

さて、41のミのタイは弾き直したくないなぁ・・・
ということで、蛇腹返しの場所を大工事!
37のソファファまで開く、41のミレミまで閉じて返す
左のCはそっと弾き直す
43は42のラを伸ばしたままにする
そこだけ単音というのもおかしいし、空気を使うため
ラーラーソーと続ける

次回は笛吹きちゃん♪と一緒に見てもらいます♪

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1682934032&owner_id=831795

[PR]
by nabocha | 2011-03-03 18:45 | アコーディオン

第25回ボタンアコレッスン

dimanche 13 février
e0104937_5561389.jpg
★2011年2月12日
第一回合同発表会(バラライカ・ドムラ・アコーディオンほか)は一般の方も入れるようです
参加協力券(!)は1枚500円
そろそろちらしを作るらしい

さてイタリアン
蛇腹の返しで音が消えないようにするには?
返すのが速すぎちゃう
音を弾くのと同じ瞬間に蛇腹を戻す(返す)と思うこと
ある程度はしょうがない、そこまで音楽的に支障がないはず
間を取ってるわけではないので・・・
返す前に少しクレッシェンドしてみては?
むむ、でも返した後のAが出過ぎちゃいがちなのだ

蛇腹返しだけの基礎練
音階を1音、2音ずつで返して練習
右だけじゃなくて左でも
私、左の音階あやしくないか(汗)
そしてできるだけ切れないように
返すときに頑張ろうとするとアクセントがついちゃう
指より戻すのが多少遅いくらいかも?
厳密に細かく言うと、押し始める時じゃなくて、指がたどり着いた時に返す
力をいれて戻そうと思うとアクセントがついちゃうので
押すというよりも進む向きを変えるということ
くるっと向きを変える、イメージは手のひらを返す
返す力はあんまりいらない

一番奥の小指を鍛えたいんですが・・・4のE、返って5のAでひたすら練習
返す前にできるだけ頑張ってぎりぎりまで引っ張ることを忘れない
返す方に意識がいってると、引っ張れなくなる
返さなきゃと思ってると、引っ張る力が弱くなる
そうすると音が弱くなって、返った時の音が余計大きくなる
ぎりぎりまでちゃんと音を鳴らして
返すのにそんな力いらない、残りの空気が中にあるから
ちゃんと引っ張ればそれで空気がたまる、それを返しの部分に回す
引っ張るのが弱くならない方が大事
しっかり3拍延ばすこと

あんまりちっちゃくしようと思って怖がって弾かないこと
全然笛の方が響くので
44のとこはミーシーで一度指を離す、その後のソファを続ける
ソファミを543で弾く
自然に弾けるように指を振り直してもらう
46のド#は指を離さない
ソファから新しいフレーズが始まる感じで

49からの左をあきらめた部分、右手でやろうとすればできる?!
あんまり無理はしない・・・発表会に間に合うくらいでよし
内声を移動して弾くのはよくあること

63のラ#をすっかり間違えていて愕然
ここの部分も指を振り直してもらう
基本は上の声部が自然につながっていること
そうすると2声の時はきれいに聞こえる

おおもう時間!
左手を戻す時にに戻し急がない 余計に切れるようになる
たっぷり3拍取る
上の(笛の)声部をちゃんと聞くこと!

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1672868163&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-02-13 05:57 | アコーディオン

2月かるふーる

vendredi 4 février

あっという間に2月で、久しぶりに金曜かるふーるに参加。残業がなければ間に合うのよね。
http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2011/02/post-3201.html

Hさんのジェルソミーナ(フェリーニの「道」の曲です)はほんとうに素敵。映画の世界に引き込まれてしまいます。この曲で思い出すのはやっぱりこれ。

★道 La stlada 高橋大輔 / Daisuke Takahashi in Trino 2010


金子先生に習っていらっしゃったというIさんに初めてお会いしました。何とボタンじゃないですの!5列で私よりひとまわり小さい白のWELTMEISTER。かわいい。ボタン弾き結構いるんじゃないの?とうれしくなっちゃいました。真実のミュゼットワルツは鍵盤では弾いていたけど、ボタンでも弾きたいなぁ。

★Emile Vacher - La Vraie Valse Musette


私はバージョンアップのイタリアングラウンドと帰ってきたツバメにトライ。憧れてた曲。ちゃんと弾けるようになろう!

★Marielle Roy - Medley valse musette-Retour des Hirondelles



さて今日はこれからおべっか練。JAAの新春弾き初め大会に笛吹きちゃん♪と出ることになったのだ!大変な時にこんな私につきあってくれてありがとう。。。楽しもうね!
http://www.npo-jaa.jp/

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1668548341&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-02-05 09:58 | アコーディオン

最高の昼練場所

mardi 1 février

小美濃先生と一緒にいつも素敵な演奏を聴かせて下さるせきたさらいさんからご連絡いただいて、山の手線借り切っての歌声にマリーネ臨時メンバーのアコ伴奏で参加することに。わー、今から楽しみ!アコ弾きのあなた、参加してみませんか?
http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2011/01/post-5317.html

いつも昼練はあきらめていた私。秘密の小部屋は常連女子のランチタイムで使われることが多くて。むむむ、夜は三田の図書館に行きたいし、何とかならないかな?・・・そうだ、1Fホールこっそりサイボウズから施設予約しちゃえばいいんだ!
e0104937_5455714.jpg

というわけで即実行してしまった私。やったー!300のかぼちゃを思い浮かべれば舞台慣れするかも?!でも調子に乗って警備のひとに目をつけられないようにしないとね。

そういえば、御喜美江さんのニューアルバム「S’il vous plaît」が出ましたね!はやく聴きたいなぁ~。
http://mie-miki.asablo.jp/blog/2011/01/30/5656266
http://mie-miki.asablo.jp/blog/2011/01/30/5656286
http://mie-miki.asablo.jp/blog/2011/01/30/5656331

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1666362331&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-02-01 05:57 | アコーディオン

ムジカノーヴァのアコーディオン特集

lundi 24 janvier

OTTAVA新年会の様子がおかしくて!!!
http://twitpic.com/3sc4ed
http://twitpic.com/3sc221
http://photozou.jp/photo/show/418574/65118763
斉藤さんにはいつかスプーンパーカッションでおべっか姉妹に入ってもらいますかね(笑)

閑話休題。今日は仕事が終わってから都立中央図書館へ寄ってきました。目的はこれ。
e0104937_2239956.jpg
ピアノの情報誌MUSICA NOVAの2000年8月号「風の響き―アコーディオンの魅力」。前から気になってた。CiNiiで「アコーディオン」を検索するとひっかかるんだもの。

もうこれはアコ弾き必読の特集でございます!

*************************************
インタビュー
風とあそぶ楽器 アコーディオン奏者 御喜美江

アコーディオン博士が語る
こんなに面白いアコーディオン 渡辺芳也
イラストマップ 世界アコーディオン地図

読者が挑戦!
アコーディオン1日教室 小川経子

学校と生活のさまざまな場面で
アコーディオンの魅力とその活用 中山裕一郎

バッハからタンゴまで
アコーディオンを聴く 小沼純一
ムジカ特選CDリスト

番外編
新世代のアコーディオン奏者たち
桑山哲也 佐藤芳明 牧田ゆき 大塚雄一 小松亮太
*************************************

私これが発売された頃、ちょうど相模大野に御喜美江さんとシュテファン・フッソングさんのデュオ公演を聴きにいってたのよね。
e0104937_224146.jpg
新聞の懸賞か何かで偶然当たったんだと思う。アコーディオンを弾くなんて考えていなかった10年前。何だかSteve Jobsのスピーチ思い出しちゃう。

Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.
いいか、先を見通して点をつなぐことはできないんだ。振り返ってつなぐことしかできない。だから将来何らかの形で点がつながると信じなきゃいけないよ。

せっかくなので御喜美江さんのインタビューより抜粋。

「ピアノが鍵盤をタッチした瞬間に音色や音質が決まるのに対して、アコーディオンは鍵盤やボタンを押しただけでは音は出ません。蛇腹を動かすところから音作りが始まるんです。またペダルがないので、指が離れた瞬間に音が消えてしまいます。音が出ているあいだ、ずっとコントロールしていなきゃいけない。でも、詳しく頭で計算するのではなく、耳でコントロールしているような気がしますね。」

「アコーディオンの蛇腹は一つだから、右と左の音量を変えることはできませんが、指のタッチである程度はっきりした音を出すことはできます。それから、旋律線を浮き立たせるのにいちばん有効なのは、音の長さを変えるということ、つまりアーティキュレーションなんです。主旋律は長くレガートに弾き、バックの旋律は指を鍵盤やボタンに触れたまま、軽く柔らかなモルト・スタッカートで弾く。一つ一つの点が、同じエネルギーで同じ方向に並ぶと線になるのと同じように、主旋律が「線」なら、もう一つの旋律は「点」で弾くんです。」

「―ダイナミクスの変化のつけ方は?
たとえばfpの場合、大きな音を引いた直後は強い空気の圧力が残っていて、急に小さな音にはなりません。空気には芯がないから、急には反応できないのね。といって、直後のpを意識していたら、本当のfにはならない。叫んだあとで内緒話をしなきゃいけないと思うと、どこかにブレーキがかかって、思いっきり声をだせないのと同じ。でも叫んだあと黙っていてもいいと考えたらどう? 叫んだあとの空気の残りで口だけ動かせば、ささやき声くらいは出るような気がするでしょ。アコーディオンでfpを弾くときは、fを出し切ってから蛇腹を完全にストップするの。そして楽器の中に残った空気を利用して指だけ動かすと、蛇腹の隙間からpが聴こえてくるんです。」

「意識的に息を演奏に利用することはあります。アクセントのとき、息を大きく吸って速く吐くと自然な表現になるとか。」

「―新しい奏法は、どのように発見するのですか?
音楽以外の本を読んでいて、ヒントが見つかることはよくあるし、他の楽器の奏法も参考になります。たとえば弦楽器の弓の動きや、管楽器の呼吸法。」

「アンサンブルで面白いのは、音色スイッチですね。例えば弦の音に似た音色のスイッチを使うと、ちょうど水彩絵の具のように、弦にふわーって溶け込むんです。(中略)クラリネットのような音色も出せますし、ほかの楽器と似てる部分とまったくちがう部分が、一つの曲のなかでくっついたり離れたり。アンサンブルには、まったく新しい音色を発見する楽しみがあります。」

「ワイマールに旅行したとき、一面のたんぽぽ畑がありました。はるか彼方の地平線のところで消えていく、その黄色と緑の点々を見ていたら、無限の広がりを感じたの。そのとき、アコーディオンの音の始まりと終わりには地平線があるって思いました。ふわふわと、あるいは地面をはうように遠のいていく音たち。耳が捉えられなくなっても鳴り響き、余韻を残しながら、私を地平線の向こうに導いていく・・・・・・。私はこれからもアコーディオンの地平線を探して、そのあたりをうろうろし続けるのかなぁって思います。」

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1662467788&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-01-24 22:58 | アコーディオン