カテゴリ:アコーディオン( 116 )

JAPC復活記念コンサート

e0104937_6453893.jpg
行ってきました、JAPC復活記念コンサート!Yちゃんと1番のりして、勧められるがままに空いている1番前の招待席へ。アコーディオン界の重鎮の方々の名前が呼ばれる中、恐縮しておりました・・・が、至近距離の演奏を楽しめました!
e0104937_6521816.jpg
プログラムちょっと見にくいかしら。最後のしめはリベルタンゴ。近すぎて全員が撮れなかった。でもでも大迫力でパワーをもらいました!こういう時の定番ね。今度後藤ミホコさんとご一緒できるのはほんとうにうれしい。懇親会行きたかったなぁ。。。
e0104937_6431742.jpg
会場にはcobaさんの姿が。本音トークで「仲良くやっていこう!」と力説。狭いアコーディオン界の中でああだこうだ言っていても始まらないですものね。それこそ女子サッカーを見習わなければ。少ない予算の中、競技人口40倍のアメリカに勝ったなでしこJAPANはやっぱりすごい。アコーディオンも底上げしないとね。

JAPC(日本アコーディオン振興協議会)は1974年発足。ずっと日本各地で全日本コンテストをやってきていて、ここ数年は休止していたみたいだけど、アコーディオンをやる若い人が徐々に増えてきたこともあり復活。これからどんな企画があるのか楽しみだな。みんなで盛り上げていこう!

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1754098780&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-07-24 07:25 | アコーディオン

楽器を被災地へ その後

旅行から帰ってきて書きたいことは山積みなんだけど、まずはこれを書いておかないと。

以前、使っていない鍵盤アコーディオンを被災地に送りたい、と書きましたが、
http://nabocha.exblog.jp/14590760/

ようやく実現することができました。お送りしたのは石巻の方です。仙台で東北アコーディオン・ジャンボリーを運営なさっている遠藤さんを通じて、今月初めにお届けすることができました。
e0104937_2145266.jpg
お手紙を引用します。
「三月十一日の地震による津波で被災し、これまで愛着をもって使用したアコがヘドロの中にガレキと一緒になってて大変悲しくなりました。海水に浸ったためすぐ錆びてしまい修理不能でした。」
e0104937_21454097.jpg
少しでもお役に立てるのなら良かった。。。 鍵盤の時の写真。こんなときがあった!
e0104937_22142069.jpg
仙台銘菓をいただいてしまいました。
e0104937_2158462.jpg
来年の6月に秋田である第4回東北アコーディオン・ジャンボリーに声をかけていただきました・・・楽しみ!秋田のおいしいもの情報をお待ちしております!!

アコーディオンを被災地へお送りしたいと思ったあなた、JAA事務局へお尋ねください。楽器がなくて演奏ができない方は他にもまだいらっしゃると思います。

★JAA 日本アコーディオン協会
http://www.npo-jaa.jp/

弾き初め大会のときの写真が・・・(笑)

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1753942498&owner_id=831795

[PR]
by nabocha | 2011-07-23 22:21 | アコーディオン

第4回ミュゼット修行

★7月10日
のびのびになってしまっていたミュゼット修行の4回目。
北小岩に着いて、まずは腹ごしらえ。

★クッチーナKAZU
http://gourmet.livedoor.com/restaurant/11065/

夏本番で暑い!ので冷たいトマトのスパゲティにしたんだけど、
これこそアルデンテ!という感じでおいしい~
今度はワタリガニのスパゲティを食べてみたいな。

師匠宅に着くと、バーがオープンしていました。
e0104937_22124659.jpg
というより、今までレッスンの部屋にあったのに、気がつかなかったらしい。

ミュゼットの師匠こと佐藤達志さんは、ドイツ料理のお店をやっていたのだけれど
数年前にたたんでしまったとのこと。

★神田ガッセ
http://www.avis.ne.jp/~zuzu/eat/KandaGasse/

私どうしてもうちょっと早くアコ始めなかったんだろう?って最近よく思う。
そしたら金子万久さんの赤坂ベルマンズポルカも
望月真也さんの池袋ミュンヘンも、師匠の神田ガッセも行ったのに。
なぜかみんなドイツのビアホール。
市ヶ谷のパウケ行ってみたいな。
毎週月曜日に浦松優子さんが演奏してるみたい。
http://pauke.comuv.com/

話を戻して、このバー、Hexeといって「魔女」って意味だって。部屋の片隅にも。ぎゃー怖い。絶対今までいなかったし!
e0104937_22474850.jpg
なぜ「魔女」なのかはよく分からないけど、カウンターの後ろにくるみ割り人形やらカウベルやら置きものがたくさんでおもしろい!
e0104937_2252871.jpg
この子はパイプ加えながらアコーディオン(スタイリッシュ・ハーモニカ)弾いてるけど、中にろうそくが立てられるようになっていて、ちゃんと煙が口から出てくるんだって!
e0104937_4563666.jpg
これがスタイリッシュ・ハーモニカ(Steirische Harmonika)。オーストリアやチェコ、スロヴェニア、ドイツのバイエルン州、イタリアの南チロルといった地方のアルプス民俗音楽にはかかせないダイアトニック・アコーディオン、だそうで。ヘリコンバスが特徴よね。
http://en.wikipedia.org/wiki/Steirische_Harmonika

それで面白いのがボタンの配列。左なんかベースとコードが同じ列にあるんだもん!
e0104937_2245384.jpg
小さな教則本も見せてもらったけど、ト音記号はないし読み方も全然違って、こりゃまったく別世界であります。ダイアトニック・アコのことはここにいろいろ書いてある。
http://web2.moridaira.com/accordion/diatonic.htm
http://homepage1.nifty.com/melodeon/index.html

演奏も聴いてみよう!

★Steirische Harmonika - LeckmichaMarsch


なんだかやりたくなっちゃうな~。さて肝心のレッスン記ですが、休み前だというのに大量の仕事が降ってきてしまって(> <)・・・北海道旅行から帰ってきてからアップします。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1749885677&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-07-13 23:03 | アコーディオン

7月かるふーる

e0104937_23182334.jpg
すごかった!もうこんなことあっていいの?の連続。http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2011/07/75-9105.html (写真はいつもながら工藤さんのところからいただいています)

からし種キャラバンのお2人が来ていて、初めて演奏を聴きました。shihoさん相変わらずきれい。種さんの歌声もよかった。心にしみる。
http://www.youtube.com/watch?v=hw-EaCQ2uX0&hl=ja

しかし今回はなぜにこんなにベロラバのメンツが揃っているのでしょうか?ありえなーい!小川正浩さんにトンボ楽器社長の真野照久さん、それに檜山学さんまで!

真野社長の弾いてたつばめ、あんな風に弾きたいなぁ。いま練習中なのよね。まだ最初の連打がうまくいかない。私は関東アコの曲をやらなきゃ!と「主よ、人の望みの喜びよ」を弾きました。あーまだまだ。
e0104937_23481216.jpg
それで何といってもうれしかったのが、檜山さんが私のpiermariaで木苺を弾いてくださったこと!身に余る光栄!まさに「こんなことがあっていいのだろうか!」でございました。

そしてそしてこの日1番楽しみにしていたのが、後藤ミホコさん!
http://www.mihoko-goto.com/profile-1/
e0104937_23521913.jpg
こんな演奏見たことがない。魂の演奏。情熱を見せつける演奏というのは何だか抵抗があるものだけれど、後藤ミホコさんのはそういうのとちょっと違う。何だか、ものすごくアコーディオンが好きで好きで、熱がアコーディオンに向かっていて、体と一緒に音楽が出てくる感じ。1曲目のガンキノ・ホロ、これ弾き初め大会で初めて聞いた曲!変拍子でミニマルっぽいところもあって、ちょっとどこかにつれていかれそう。ロシアの作曲家セミョーノフのブルガリア組曲の中の1つだそうです。

★V.Semyonov - Bulgarian Suite III mov.


いつか弾いてみたい!偶然楽譜見つけちゃいました。
http://grigpit.webs.com/Gankino%20Horo.pdf

かるふーるの後はこの豪華メンバーの皆さんと一緒に打ち上げ!後藤ミホコさんは一匹狼と言うわりには超気さくだし、檜山さんのあれやこれやがおかしくて(意味不明・笑)。しまーちさんと一緒に「ねりまーず結成するか!」なんて言ったりしてたけど(4人とも練馬住まい)、一瞬わが身に帰って「私すごい人たちと一緒にいるのね・・・」と思ってしまった。しかしなぜにアコーディオンってこんなに垣根が低いんでしょうか?そこが好きなんだけど。他の楽器だったらありえない。。。

あー楽しかった!エネルギーをたくさんもらって、また明日からいっぱい弾きます!

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1746134548&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-07-05 00:39 | アコーディオン

アコーディオンの引力

e0104937_2235075.jpg
試験前で時間はないはずなんだけど、どうにも落ち着かないので。。。

今日は師匠がなんとN響と共演!とのことでオペラシティに行ってきました。

N響 Music Tomorrow 2011 
http://www.nhkso.or.jp/calendar/concert_day_2011-06-28.shtml

上京中のしまーちさんが私のつぶやきにつられて先に来ておりました・・・(引力その①)。

2階席に上がると、むむ、こんなところにアコーディオンを弾いてるひとが!(引力その②)
e0104937_22543465.jpg
さて、師匠はデュティユーのオーケストラ作品「コレスポンダンス」のアコーディオンパートを演奏とのことで、開演前からアコはどこに配置されるんだろう???と舞台をにらんでおりましたが、なななんとオーケストラのど真ん中!指揮者とソリストの間じゃないの!(引力その③)

すごいなすごいなー。オケの中心がアコーディオンだなんて。ちなみに私の席からは指揮者にかぶって師匠の演奏はほぼ見えませんでした(涙)。

さて、しまーちさんと帰りの電車の中でアコ談義していたら、「あのー、ずっとアコーディオンの話をされてますよね?」。何と、後藤ミホコさんでした!(引力その④)
e0104937_23204088.jpg
http://blogs.yahoo.co.jp/lilac1218mg
http://www.amazon.co.jp/dp/B003NSY214/

3人とも「また日曜に!」と別れたのでした。さぁアコ弾きの皆さん、日曜は立川へ行かなかったらうそですよ!
http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2011/06/post-6685.html

それにしてもアコーディオンの引力を思い知らされた1日でありました・・・。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1743446171&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-06-28 23:32 | アコーディオン

第33回ボタンアコレッスン

★2011年6月25日

関東アコに出ようと思うのですが・・・

★関東アコーディオン演奏交流会
http://www.kanto-acco.jp/

一般中級の部でよいのでは?とのこと
曲は「主よ、人の望みの喜びよ」にしました
やったー!バッハだ!頑張ろう!
演奏時間は書いてない・・・(と思ったら書いてある!5分)
でも5分でおさまるでしょう

さて新曲のPauls Steeple
今回は半音下げずにそのまま原譜を弾くことに
ちなみに原譜見ながら半音下げて弾くのは
慣れだけれど、それだったら書き直した方がはやいとのこと
やっぱり重音を弾いていくからなぁ

移調譜をパッとつくれるソフトとかないのかしら?
でも原譜は入れ込まなきゃいけないわけだし・・・
そうだ!バロックピッチ(415Hz)のアコをつくればいいのだ!
おおーバロックアコーディオン!
こんな酔狂なアコ持ってるひといるだろうか?
それにしてもピッチって奥が深い
こんなの見つけた

★バロック時代とピッチ
http://ashizuka-onken.jp/balockjidaitopichi.htm

さて運指をみてもらう
通奏低音の出だしがHappy Birthday to Youに似てる?
リズムの取りにくい4の後半は
上と下に分けて練習して、ゆっくりにして合わせる
6の後半、1の指が上に行くことに(レとかファとかシ)抵抗あるなぁ
でもだいぶ変な指減ってきた!

今日は山の手線で人身事故があって遠回りしたけど、
なんだ、副都心線の東新宿から来れば近いじゃないの!
http://www.ongakucenter.co.jp/other/map.html

有楽町線接続で1本で行けるし、今度からこっちを使おう

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1742175688&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-06-26 04:20 | アコーディオン

第3回ミュゼット修行

★6月11日
5ヶ月ぶりのミュゼット修行、まずはStyle Musette
友人からもらった中嶋先生アレンジ版で練習しています
もとはこちら(リンク切れなのでwaybackしてますが)
http://web.archive.org/web/20040930020030/http://bigbezus.online.fr/4vico22/scan/stylemusette.jpg
レミレ#ドレミーのところ、もとはBassと書いてあるので左で
ミーはせっかくなので和音で(ミ#ドラ)
トリオにとんでおかずのところのアレンジを変える
ミファソラシラ#ソラ#ドミソbシラソファミソー#ファファ、とりだして練習
レガートで、ファがはやい、
左を入れるとテンポがずれて、ユーモレスクのようだ(笑)
100回でもやりゃーいいとのこと(ノックのようにね!)
スタイルミュゼット、弾く前はもっと難しい曲かと思ってた、そうでもない
速弾きの演奏をよく聞いてたからだろうか・・・
でもそれじゃワルツ踊れないからね
ベースのつくりかたもいろいろある、この前のジェルメーヌみたいにやってもよし
終わり方もいろいろ、パターンをつくっておく

★Accordion  Style Musette


★小春 KOHARU


★Style Musette on accordion


★STYLE MUSETTE


お次はRetour des Hirondelles(帰ってきたつばめ)
持って行った楽譜ではものたりない、とPaul Beusherの110シリーズからコピー
e0104937_61176.jpg
譜面が黒い!まるでアラビア文字か何かの書道作品みたい!
ピロピロとよくつばめがさえずっております
これができたら楽しい!

ちなみに新しい110シリーズでは3ページになってました
よく見たら、Style Musetteも同じ1巻に入ってた、こちらは2ページ
譜割りもそうだけど、古いのと新しいのとで微妙に入ってる曲が違うのよね・・・

それにしても師匠の試奏に感激!これは楽しい!!
アレンジは私には無理なので、まずは楽譜どおりに弾けるように
最初の出だしをとりだして練習、すべらないように、ゆっくり
歌いだしもソソ(またはソソソ)と指を変えて入れてみる
シソ#ファソレソ#ファソシソ#ファソのとこはアクセントをしっかり
ファミレ#ドレファ・・・ド#になってない
ここの終わりはせっかくだから3連符でドシドミ#レミソ#ファソド

トリオのトリルは単音にしてみる、鳴いてる鳴いてる~
まずは2音で指を覚えて、そのあとトリルに挑戦する
何回って決まってるわけじゃない、厳密に言えば12
バリエーションはいかにもアコーディオンらしいとこなのでダブルで
鍵盤から指を離してスタッカートぎみに

★retour des hirondelles


★le retour des hirondelles


★Marielle Roy - Medley valse musette-Retour des Hirondelles


http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1735762783&owner_id=831795

[PR]
by nabocha | 2011-06-12 08:27 | アコーディオン

モーション・トリオのショパンが入手可能に!

朗報!長らくオンラインでしか販売していなかったモーション・トリオのショパンがHMVで買えます!

★『ショパン~アコーディオン三重奏による作品集』 モーション・トリオ
http://www.hmv.co.jp/product/detail/4095016

LFJに間に合ったらみんな買っただろうに・・・あ、LFJの写真が出てますね。
http://motiontrio.com/pl,la-folle-journee-japan-2011

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1735729519&owner_id=831795

[PR]
by nabocha | 2011-06-12 04:15 | アコーディオン

第31回・32回ボタンアコレッスン・6月かるふーる

★2011年5月21日
発表会後の2次会そのまま帰っちゃってすみません
さてまずは「G線上のアリア」
http://evelini.ocnk.net/product/28
ちょっぴり指をふりなおしてもらう
指の置き換えはできるだけしない
テンポはかなりゆっくり、
最初蛇腹返すところ、音が切れないように
左は同じ音なので押したままにする
ラスト、1回めと2回めで終わり方が違うので注意
2回めのシはタイにして弾き直さない
5小節めからの下の声部を意識
G線を1人でやろうとするとやっぱり難しい
もとは弦楽だし

追記:こんな楽譜も発見!芹澤朋さんの編曲です。
http://accordionclass.chakin.com/simpleVC_20090914021043.html

★アコーディオン G線上のアリア ACCORDION Air on a G String


お次は「主よ、人の望みの喜びよ」
http://evelini.ocnk.net/product/34
指はOK
これ、覚えられるのかしら?
転調あるところ、難しい・・・
#ソがポイント
蛇腹は2小節で返す
左で音がつながるところは押し直さない
後半左がGで続くところ、弾き直すところ注意
ところで先生のお父さまの楽譜集にもあるんですね
いま弾いてるのは若干省略あるし(歌の部分1回しかない)
ついでに「祖国よさらば」と「ソルヴェーグの歌」もコピー
祖国よさらば、弾けるようになりたい~
http://ml.naxos.jp/work/910912

★2011年6月4日
先生このブログ発見しちゃったらしい。。。
今後ともどうぞよろしくお願いします
さて前回もらった方の「主よ、人の望みの喜びよ」
後半左がGで続くところはずっと4、ポイントは5を使うこと
右は結構4列め使う
歌の部分はほとんど振り直し
ドは4列めのことが多いですね
ゆっくりの曲、速くならないように!
3拍子の1拍を50で
同じテンポって難しい!
テンポが揺れると聞いてる方は分かる
弾いてる方は熱中してて分かんないけど
延ばすとこも我慢できなくなってどんどん速くなっちゃう
こういう曲はゆっくりにすればするほど難しい
蛇腹の返しは2小節にこだわらなくていい
小節の中の方が変え時!お買い得!(あんまないけど…)
返しを気にすると強弱がつけられなくなる
いけるところまでのばす感じで

おまけ、しまーちさんから先生にメール
「アコーディオンは何歳からできますか?」
「何歳からでもできますよ」だそうです!
高知から未来のアコ奏者を育ててください~

さてかるふーるではG線上のアリアを弾かせていただきました。写真は工藤さんのところからいただいています。
http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2011/06/74-3660.html
e0104937_10412982.jpg
ズービン・メータ指揮のN響の演奏を聴いて、弾きたくなった曲です。6月10日まで動画を見ることができます。
http://www.tokyo-harusai.com/news/news_823.html

ソロはだいぶつかめたので、アンサンブル譜も弾けるようになろう。

ところで7月23日(土)にJAPC復活記念コンサートが荻窪であるんだそうです。出演に檜山学、田ノ岡三郎、大塚雄一、森元学、JUIN JUILLET、他・・・って、ベロラバ並ではないですか!チケット買っとけばよかった。忘れずに手に入れなくては。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1732396152&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-06-05 12:13 | アコーディオン

第30回ボタンアコレッスン・第1回合同発表会

★2011年5月7日
発表会の紹介原稿インタビュー
いつもアコを始めた年を正確に答えられない
(ブログに書いてあるのに・・・)
鍵盤は3年半前から、ボタンは1年半前から
笛吹きちゃんとのなれそめ(笑)を「OTTAVAのリスナーのオフ会で・・・」と話したら
「へー、現代っ子!」とかなり驚かれました。。。

さてリハ、入りから全部
まずエンターテイナー
先週先生ベースを長めに弾いてましたが・・・2回目やってもいいけど
直前だし短いままでいいか
ラグタイムってそんなにベース長くはない

いすの前の方に座って背中をのばす
でも私のアコ小さいから、そうすると浮いちゃうのよね
弾いてると楽器ももに置くからちょっぴり猫背、
蛇腹開くと左にななめってるらしい(腰によくない)
でもバンドのばすと楽器が安定しない(涙)
楽器の右端をももで支えられないし・・・
足で楽器の状態を操作するのは大事
ひざをやわらかくして楽器と自分が動けるのが理想
すごく低い椅子に座ってみるとか?
結局あまり考えないことに。。
遠くから見てもらったり、ビデオで見たりして姿勢チェックするのは大事ですね

★2011年5月8日(発表会)
e0104937_1014734.jpg
e0104937_1015883.jpg
e0104937_1063621.jpg
計画停電のようなグループ分け(笑)さてソロはこけましたが、アンサンブルはうまくいったかな?イタリアンは朝のお祈りの曲だったから、被災した方々に届けるつもりで弾いて、しばらく浮遊してた。音楽は交信するためにあるのかもしれない。

発表会後の打ち上げというのは初めてで、楽しかった!特にN先生のギター弾き語り。懐かしい!トリオ・ロス・パンチョス昔好きだった~(年齢を疑われる?)

★ラ・マラゲーニア  トリオ・ロス・パンチョス


★キサス、キサス、キサス トリオ・ロス・パンチョス


★Trio Los Panchos - estrellita -


トッカータを弾いてたSさんに手風琴太郎こと横内氏のことを教えてもらいました。
http://blogs.yahoo.co.jp/tokyorhapsody1936

★Mon amant de Saint-Jean サンジャンの私の恋人


あとドイツの音大目指して頑張ってる子がいて、とても刺激になりました。若いっていいなぁ。それにしてもボタンのフリーベース、ほしい。。。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1732395310&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-06-05 12:09 | アコーディオン