Paris Musette

samedi 21 février
e0104937_10452650.jpg

今さらながらParis Musetteにはまっています。ずっと持っていなかったけど買ってしまったのは・・・卒論でミュゼットについて書くと決めたから!しかし学術的な論文にできるのかどうか分かりません。日本語のものは渡辺芳也さんのものを頼るしかないし、フランス語では多数出版されているようだけれど、
http://www18.tok2.com/home/wani/ss/sumiya7.htm
何せ手に入れるのがほとんど不可能かもしれない。。。却下されてしまうかなぁ?Paris Musette Vol.1に書いてあったアコーディオン特集のミュージック・マガジンは手に入れました。送料込み490円は安い!
e0104937_10583223.jpg
e0104937_10585512.jpg

これを読むとどうしてもDidier RoussinとFrancois Billardの"Histoies de l'Accordéon"を手に入れたくなります。しかし今のところはなしのつぶてです。今度渡辺芳也さんが谷口楽器でお話される時に聞いてみようかしら?あと見ておきたいのがパリ・ミュゼットのビデオ版。レポートが終わったら探してみよう。 あと渋谷のエム・イン・フランスにも行ってみたい。アコーディオンのCDがいっぱいありそうです。

ところで来月両親が旅行で家を留守にする間、こ奴の面倒を見に御殿場に帰るのですが…
e0104937_11382217.jpg

何と偶然隣町にかとうかなこさんが来るので行ってみようと思っています。あと4月のBellow Lovers Nightは行きます!楽しみ。桑山哲也さんのライブ「musette! musette! musette!」も職場に近いし行きたいんだけど・・・でもこんなことしてるといつまでたってもボタンアコが買えません!

さて、先日また心の師匠から贈り物をいただきました。France 3で放映されたMichel Pruvotの"SUR UN AIR D'ACCORDÉON"という番組をまとめたもののようです。わ~Jo Privatもいる!Paris Musetteの追悼版のVol. 3をずっと聞いてるのですよ。Les NocturnesもAvec Entrainも好きだけど、やっぱりJo Privatの"Un, deux, trois!"の掛け声で始まるParis Musetteは惚れます。職人の心意気のようなものを感じます。このSUR UN AIR D'ACCORDÉONを見ていると、いかにフランスにaccordéonisteが多いか認識させられます・・・いつもながら感謝にたえません。ありがとうございます!

今回卒論指導レポを書くのにあらためて角谷さんのページを見ていたのですが、いくつも思い出の写真が!交流の広さが感じられます。すごいなぁ。
e0104937_12101522.jpg

e0104937_243373.jpg

では最後に師匠の弾くスタイルミュゼット。楽譜は友人からこの前もらったので、そのうち挑戦してみたいです。

★STYLE MUSETTE


追記:
この前仕事帰りに青山ブックセンターに寄ったとき、表紙のアコーディオンを弾く女性に惹かれてRobert Doisneauの写真集をずっと眺めていたら、何とEmile Vacherの写真もありました。家でゆっくり見たい・・・
e0104937_13301972.jpg

e0104937_1332112.jpg


★Robert Doisneau with French Accordion


http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1087675322&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2009-02-21 05:51 | アコーディオン
<< Bonne nuit les ... French Through ... >>