第37回ボタンアコレッスン

たまっているレッスン記を少しずつアップします。
e0104937_4403282.jpg
★2011年9月24日

台風すごかったですね~
先生は難を逃れたそうですが・・・

さて祖国よさらば
ボロボロなのでまず右だけ
拍の取り方が微妙に間違ってたり・・・
ミー、ミミミ ミー、ミ・ミ・ミ
次は左だけ
レドシラソラドシラミーの後半のドは5を使ってみよう
レガートでなくていい、弦楽でいっこいっこ弦を変える感じ

左右ソロの速さで最速、Moderatoなのでそんなに速くない
ちょっともの悲しい感じ あんまり始めから元気だとねぇ・・・
祖国にさらばしなきゃいけないので、るんるんで出てっちゃいけない(笑)
御喜先生のCDはちょっと速いかも?
元気よくいくのはEの軍隊っぽいところ
Aの最後の指があやしい・・・
最初はわりと大きいメロディーのフレーズのほうがよい 
ソー#ファファーまで先にいく
この半音階でもの悲しくなる
ラドミラドーのあとも続けて先に
最初の盛り上がり、ちょっとあってまた最後に盛り上がる
Aの最後、飛び込まない 左の2回目のE7は右のシをちゃんと聞いてから
ここで落ち着いてあげないと次に行けない
また最初に戻っちゃうやんけ~!ループしちゃう!
最後のAmとラはそんなに短くなくていい
指で切るのでなく蛇腹で止める

BのE7から駆け上がるところはクレッシェンドで一気に
ffで上がり切っていっぱい使ってritする
ゆっくりでもいい、いっこずつそれぞれ1段ずつ階段で上がっていく
最初が大きいと大変!
結局4つめの音を抜かしたら#ソシレー、シレファー、
ここだけファがなくてレ#ソシー、#ソシレー、シレファーとなる
つまり3列目でいっこずつずれてる
ffの上のミは5でなくそのまま3でとる

D・・・たーん、たらりたらりらひー(笑)
演歌に聞こえてきたりして
一小節ずつ大きくしていく
ミーレミッ、ファ・ミ・レ・ sfに向かっていくけど後にアクセント
入ってからはそんなに大きくない
後のドの方がfで大きい
ドッドシラーはちょっとためる Aは4でいいから少し長く
ファ・ミ・レ・はちょっと重ために
ゆっくりするというより縦をきっちり弾こうとする 大事に弾く
「ぜんたーい、止まれ!」のその場足踏みみたいな!(笑)
ドッドシラーのドで飛び込まない

Eの2拍目の8部が急ぎやすい 両手ともなので
そうするとどんどん速くなっちゃう、あとで崩壊する~!
EとFのつなぎは?普通に入る
つまりだんだん落ち着いてこないとまたもや入れない
あんまり軍隊やってると入れない、だんだん遠くに行ってもらわないと(笑)
またもやエンドレスループに!

Dはやっぱり演歌、こぶしが入る(五木ひろし風)
[PR]
by nabocha | 2011-09-24 21:00 | アコーディオン
<< 御喜美江アコーディオンリサイタ... 第36回ボタンアコレッスン >>