終わらない卒論

明けても暮れても卒論、卒論。。。

それで今日が最終の卒論指導日のはずだったんです。
はず、というのは、今日は受けられなかったんです、指導が。
待っても待っても前の方が終わらない。
先生が遅刻してかなりずれこんだようですが、
1時間待ってもまだですか?ちょっとひどくないですか?
午後から仕事なのであきらめて帰りました。

この日のために予定も全部キャンセル、休みも閉じこもってたのに。
でも、おかげで火が着くのが遅い私も書き上げることができました。
構成をやり直してイチから始めたのは2週間前。遅っ。
後は内容を詰めていけばいいんだもんね。やった!
ただ製本するまでは気を抜いちゃいけない。
もう1回指導受けるまでに納得いくものを書こう。

「卒業論文作成マニュアル」なるものを発見、この部分にやる気をもらいました。
http://web.econ.keio.ac.jp/staff/tets/etc/keiyu/corthesis.pdf
・とにかく書く
・毎日書く(歯みがきと同じように、やらないでいると落ち着かないぐらいの日課にしてしまいましょう)
・考えるより書く(考えている時間がもったいないですし、書く作業をしていると頭が働いてあれこれヒラメイテくるものです)

あと偶然見つけた卒論bot、その名も「卒論しろ」!
http://twitter.com/#!/soturon_siro
「月にかわって卒論よ!」とか「私の卒論はちょっぴりコールド、あなたの怠けを完全ホールド!」とか、なかなか粋なことをおっしゃいます(笑)おすすめ。

とにかくねむい。とりあえず寝ます!

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1789786704&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-10-27 21:54 | 慶應通信
<< 継続する1曲 第39回ボタンアコレッスン >>