第4回ミュゼット修行

★7月10日
のびのびになってしまっていたミュゼット修行の4回目。
北小岩に着いて、まずは腹ごしらえ。

★クッチーナKAZU
http://gourmet.livedoor.com/restaurant/11065/

夏本番で暑い!ので冷たいトマトのスパゲティにしたんだけど、
これこそアルデンテ!という感じでおいしい~
今度はワタリガニのスパゲティを食べてみたいな。

師匠宅に着くと、バーがオープンしていました。
e0104937_22124659.jpg
というより、今までレッスンの部屋にあったのに、気がつかなかったらしい。

ミュゼットの師匠こと佐藤達志さんは、ドイツ料理のお店をやっていたのだけれど
数年前にたたんでしまったとのこと。

★神田ガッセ
http://www.avis.ne.jp/~zuzu/eat/KandaGasse/

私どうしてもうちょっと早くアコ始めなかったんだろう?って最近よく思う。
そしたら金子万久さんの赤坂ベルマンズポルカも
望月真也さんの池袋ミュンヘンも、師匠の神田ガッセも行ったのに。
なぜかみんなドイツのビアホール。
市ヶ谷のパウケ行ってみたいな。
毎週月曜日に浦松優子さんが演奏してるみたい。
http://pauke.comuv.com/

話を戻して、このバー、Hexeといって「魔女」って意味だって。部屋の片隅にも。ぎゃー怖い。絶対今までいなかったし!
e0104937_22474850.jpg
なぜ「魔女」なのかはよく分からないけど、カウンターの後ろにくるみ割り人形やらカウベルやら置きものがたくさんでおもしろい!
e0104937_2252871.jpg
この子はパイプ加えながらアコーディオン(スタイリッシュ・ハーモニカ)弾いてるけど、中にろうそくが立てられるようになっていて、ちゃんと煙が口から出てくるんだって!
e0104937_4563666.jpg
これがスタイリッシュ・ハーモニカ(Steirische Harmonika)。オーストリアやチェコ、スロヴェニア、ドイツのバイエルン州、イタリアの南チロルといった地方のアルプス民俗音楽にはかかせないダイアトニック・アコーディオン、だそうで。ヘリコンバスが特徴よね。
http://en.wikipedia.org/wiki/Steirische_Harmonika

それで面白いのがボタンの配列。左なんかベースとコードが同じ列にあるんだもん!
e0104937_2245384.jpg
小さな教則本も見せてもらったけど、ト音記号はないし読み方も全然違って、こりゃまったく別世界であります。ダイアトニック・アコのことはここにいろいろ書いてある。
http://web2.moridaira.com/accordion/diatonic.htm
http://homepage1.nifty.com/melodeon/index.html

演奏も聴いてみよう!

★Steirische Harmonika - LeckmichaMarsch


なんだかやりたくなっちゃうな~。さて肝心のレッスン記ですが、休み前だというのに大量の仕事が降ってきてしまって(> <)・・・北海道旅行から帰ってきてからアップします。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1749885677&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-07-13 23:03 | アコーディオン
<< 楽器を被災地へ その後 NISHIKIGOI 3台揃い踏み >>