7月かるふーる

e0104937_23182334.jpg
すごかった!もうこんなことあっていいの?の連続。http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2011/07/75-9105.html (写真はいつもながら工藤さんのところからいただいています)

からし種キャラバンのお2人が来ていて、初めて演奏を聴きました。shihoさん相変わらずきれい。種さんの歌声もよかった。心にしみる。
http://www.youtube.com/watch?v=hw-EaCQ2uX0&hl=ja

しかし今回はなぜにこんなにベロラバのメンツが揃っているのでしょうか?ありえなーい!小川正浩さんにトンボ楽器社長の真野照久さん、それに檜山学さんまで!

真野社長の弾いてたつばめ、あんな風に弾きたいなぁ。いま練習中なのよね。まだ最初の連打がうまくいかない。私は関東アコの曲をやらなきゃ!と「主よ、人の望みの喜びよ」を弾きました。あーまだまだ。
e0104937_23481216.jpg
それで何といってもうれしかったのが、檜山さんが私のpiermariaで木苺を弾いてくださったこと!身に余る光栄!まさに「こんなことがあっていいのだろうか!」でございました。

そしてそしてこの日1番楽しみにしていたのが、後藤ミホコさん!
http://www.mihoko-goto.com/profile-1/
e0104937_23521913.jpg
こんな演奏見たことがない。魂の演奏。情熱を見せつける演奏というのは何だか抵抗があるものだけれど、後藤ミホコさんのはそういうのとちょっと違う。何だか、ものすごくアコーディオンが好きで好きで、熱がアコーディオンに向かっていて、体と一緒に音楽が出てくる感じ。1曲目のガンキノ・ホロ、これ弾き初め大会で初めて聞いた曲!変拍子でミニマルっぽいところもあって、ちょっとどこかにつれていかれそう。ロシアの作曲家セミョーノフのブルガリア組曲の中の1つだそうです。

★V.Semyonov - Bulgarian Suite III mov.


いつか弾いてみたい!偶然楽譜見つけちゃいました。
http://grigpit.webs.com/Gankino%20Horo.pdf

かるふーるの後はこの豪華メンバーの皆さんと一緒に打ち上げ!後藤ミホコさんは一匹狼と言うわりには超気さくだし、檜山さんのあれやこれやがおかしくて(意味不明・笑)。しまーちさんと一緒に「ねりまーず結成するか!」なんて言ったりしてたけど(4人とも練馬住まい)、一瞬わが身に帰って「私すごい人たちと一緒にいるのね・・・」と思ってしまった。しかしなぜにアコーディオンってこんなに垣根が低いんでしょうか?そこが好きなんだけど。他の楽器だったらありえない。。。

あー楽しかった!エネルギーをたくさんもらって、また明日からいっぱい弾きます!

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1746134548&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-07-05 00:39 | アコーディオン
<< NISHIKIGOI 3台揃い踏み 世界文学への誘い >>