第31回・32回ボタンアコレッスン・6月かるふーる

★2011年5月21日
発表会後の2次会そのまま帰っちゃってすみません
さてまずは「G線上のアリア」
http://evelini.ocnk.net/product/28
ちょっぴり指をふりなおしてもらう
指の置き換えはできるだけしない
テンポはかなりゆっくり、
最初蛇腹返すところ、音が切れないように
左は同じ音なので押したままにする
ラスト、1回めと2回めで終わり方が違うので注意
2回めのシはタイにして弾き直さない
5小節めからの下の声部を意識
G線を1人でやろうとするとやっぱり難しい
もとは弦楽だし

追記:こんな楽譜も発見!芹澤朋さんの編曲です。
http://accordionclass.chakin.com/simpleVC_20090914021043.html

★アコーディオン G線上のアリア ACCORDION Air on a G String


お次は「主よ、人の望みの喜びよ」
http://evelini.ocnk.net/product/34
指はOK
これ、覚えられるのかしら?
転調あるところ、難しい・・・
#ソがポイント
蛇腹は2小節で返す
左で音がつながるところは押し直さない
後半左がGで続くところ、弾き直すところ注意
ところで先生のお父さまの楽譜集にもあるんですね
いま弾いてるのは若干省略あるし(歌の部分1回しかない)
ついでに「祖国よさらば」と「ソルヴェーグの歌」もコピー
祖国よさらば、弾けるようになりたい~
http://ml.naxos.jp/work/910912

★2011年6月4日
先生このブログ発見しちゃったらしい。。。
今後ともどうぞよろしくお願いします
さて前回もらった方の「主よ、人の望みの喜びよ」
後半左がGで続くところはずっと4、ポイントは5を使うこと
右は結構4列め使う
歌の部分はほとんど振り直し
ドは4列めのことが多いですね
ゆっくりの曲、速くならないように!
3拍子の1拍を50で
同じテンポって難しい!
テンポが揺れると聞いてる方は分かる
弾いてる方は熱中してて分かんないけど
延ばすとこも我慢できなくなってどんどん速くなっちゃう
こういう曲はゆっくりにすればするほど難しい
蛇腹の返しは2小節にこだわらなくていい
小節の中の方が変え時!お買い得!(あんまないけど…)
返しを気にすると強弱がつけられなくなる
いけるところまでのばす感じで

おまけ、しまーちさんから先生にメール
「アコーディオンは何歳からできますか?」
「何歳からでもできますよ」だそうです!
高知から未来のアコ奏者を育ててください~

さてかるふーるではG線上のアリアを弾かせていただきました。写真は工藤さんのところからいただいています。
http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2011/06/74-3660.html
e0104937_10412982.jpg
ズービン・メータ指揮のN響の演奏を聴いて、弾きたくなった曲です。6月10日まで動画を見ることができます。
http://www.tokyo-harusai.com/news/news_823.html

ソロはだいぶつかめたので、アンサンブル譜も弾けるようになろう。

ところで7月23日(土)にJAPC復活記念コンサートが荻窪であるんだそうです。出演に檜山学、田ノ岡三郎、大塚雄一、森元学、JUIN JUILLET、他・・・って、ベロラバ並ではないですか!チケット買っとけばよかった。忘れずに手に入れなくては。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1732396152&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-06-05 12:13 | アコーディオン
<< モーション・トリオのショパンが... 第30回ボタンアコレッスン・第... >>