第25回ボタンアコレッスン

dimanche 13 février
e0104937_5561389.jpg
★2011年2月12日
第一回合同発表会(バラライカ・ドムラ・アコーディオンほか)は一般の方も入れるようです
参加協力券(!)は1枚500円
そろそろちらしを作るらしい

さてイタリアン
蛇腹の返しで音が消えないようにするには?
返すのが速すぎちゃう
音を弾くのと同じ瞬間に蛇腹を戻す(返す)と思うこと
ある程度はしょうがない、そこまで音楽的に支障がないはず
間を取ってるわけではないので・・・
返す前に少しクレッシェンドしてみては?
むむ、でも返した後のAが出過ぎちゃいがちなのだ

蛇腹返しだけの基礎練
音階を1音、2音ずつで返して練習
右だけじゃなくて左でも
私、左の音階あやしくないか(汗)
そしてできるだけ切れないように
返すときに頑張ろうとするとアクセントがついちゃう
指より戻すのが多少遅いくらいかも?
厳密に細かく言うと、押し始める時じゃなくて、指がたどり着いた時に返す
力をいれて戻そうと思うとアクセントがついちゃうので
押すというよりも進む向きを変えるということ
くるっと向きを変える、イメージは手のひらを返す
返す力はあんまりいらない

一番奥の小指を鍛えたいんですが・・・4のE、返って5のAでひたすら練習
返す前にできるだけ頑張ってぎりぎりまで引っ張ることを忘れない
返す方に意識がいってると、引っ張れなくなる
返さなきゃと思ってると、引っ張る力が弱くなる
そうすると音が弱くなって、返った時の音が余計大きくなる
ぎりぎりまでちゃんと音を鳴らして
返すのにそんな力いらない、残りの空気が中にあるから
ちゃんと引っ張ればそれで空気がたまる、それを返しの部分に回す
引っ張るのが弱くならない方が大事
しっかり3拍延ばすこと

あんまりちっちゃくしようと思って怖がって弾かないこと
全然笛の方が響くので
44のとこはミーシーで一度指を離す、その後のソファを続ける
ソファミを543で弾く
自然に弾けるように指を振り直してもらう
46のド#は指を離さない
ソファから新しいフレーズが始まる感じで

49からの左をあきらめた部分、右手でやろうとすればできる?!
あんまり無理はしない・・・発表会に間に合うくらいでよし
内声を移動して弾くのはよくあること

63のラ#をすっかり間違えていて愕然
ここの部分も指を振り直してもらう
基本は上の声部が自然につながっていること
そうすると2声の時はきれいに聞こえる

おおもう時間!
左手を戻す時にに戻し急がない 余計に切れるようになる
たっぷり3拍取る
上の(笛の)声部をちゃんと聞くこと!

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1672868163&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2011-02-13 05:57 | アコーディオン
<< Victor Borge 鈴木雅明さんのバッハ >>