パリ・ミュゼットスペシャル

samedi 11 décembre
e0104937_1021199.jpg
ようやく週末!先週の日曜日、ダニエル・コランとラウル・バルボサのコンサートに行ってきました。去年に引き続き2回目であります。
http://nabocha.exblog.jp/11784935/

今年はコランさんとバルボサさんとは長いつきあいの友人(!)という角谷さんにお誘いいただいて、コンサートの前にお食事会。6月にパリでライブをしたという札幌のミュゼット楽団「ラ・ゾーヌ」の方々とお話することができました。

★ガンゲット・ダイマ ~巴里のアコーディオン酒場
http://guinguette-daima.com/

★MySpace: La Zone et ses amis
http://www.myspace.com/la_zone

★GERMAINE/ジェルメーヌ


★REINE DE MUSETTE/ミュゼットの女王


ピアノのNaomiさんが、何と私がCDを注文したことを覚えて下さっていて!
http://nabocha.exblog.jp/9779064/

バンジョーのJoさんはほんとうに笑わせてくれました。ミュゼットに使われているバンジョーを求めて紆余曲折、今ではたくさんの種類を持っているんだとか。

そしてボタンアコのKumiさん。体育会系の姉御さまでございます。何といっても全て耳コピというのがすごい。音楽はスポーツのようなもの、弾き間違いもダンスのステップが間違っちゃった、という感覚らしい。ミュゼットをたくさん覚えるうちに、ステップがいっぱいたまっていって、それに名前をつけているのがおかしかった。ホッケーのスティックとか。そして何と言ってもルーツを追い求めてキャブレットまで弾きこなし、フランスのコンクールに出てパリでライブもしてしまうという前代未聞の猪突猛進ぶり。何と来年4月からは大学でフランスの古い音楽を勉強するんだとか。すごすぎる!!ものすごく元気をもらいました。ミュゼットのレパートリーを増やして、必ずや札幌に行くぞ!

さて肝心のコンサート。コランさんもバルボサさんも終始やわらかい笑顔、天上の音色とあいまって菩薩さまの領域でございます。バルボサさんの演奏は初めて聴きましたが、楽器がついていかない(!)というくらいのエネルギーで圧倒されました。今年はバルボサさんの演奏を載せておきます。

★"Los altos del guayrá" Raul Barboza en Fiesta Gaucha


★Raul Barboza en Cadena3 Adios Nonino Piazzola


バルボサさんが空気ボタンを多用していたのが印象的でした。会場にいらしたボサルコデオンの田中さんが詳しく書いています。
http://atagiin.exblog.jp/11664223/

コンサートの後コランさんに声をかけると、去年と同じく派手なビズをいただきました。愛らしい笑顔で熊ちゃんみたいですが、ほんとに何て気さくなんでしょう。。。あ、コランさんと写真撮るの忘れた(涙)。
e0104937_1221475.jpg
さてこれからアコレッスン、頑張るぞー!

追記:コランさんにサインをもらった時の写真を渡辺芳也先生に送っていただきました!
e0104937_207543.jpg

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1637278070&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2010-12-11 12:09 | アコーディオン
<< 堀江敏幸先生の文学柔夜話VOL・6 第3回ブリメン総会 >>