11月かるふーる

dimanche 8 novembre
e0104937_2041285.jpg
昨日の興奮冷めやらず、今日は朝練も夜練もしてしまいました。夜スクが終わるまではレッスンは土曜なのだけれど、結局平日は自宅でさらえないので、職場の秘密の小部屋で練習。ちなみに私が働いているのは残念ながらヒルズではありません。ヒルズの見えるところで働いています(笑)。

昨日のかるふーるはすごかった。
http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2010/11/67-796e.html
8月に高知に旅立ったしまーちさんがちょうど東京に来ていて参加とのことで、いそいそと出掛けました。やっぱりこの会は好きだなぁ。ほっとする。これは工藤さんのお人柄によるところが大きいと思います(皆さん両手を挙げて賛成!)。ナヴィガトーレさんが弾いていた古いスタイルの曲、これ大好きなのよね。

★Accordion Piece dans le style ancien (A,ASTIER)


先月ル・バルーシェの演奏を聴きに行った時、ようやくこの曲が入ったかとうかなこさんの「独奏」を買ったのでした。これまた先月伊藤浩子さんの演奏を聴きに行って買ったジョエ・ロッシとのデュオ「フランスクレヨン」にも入ってたな。ずうずうしくも楽譜をコピーさせてもらいました。弾けるのはいつになることやら。

さて、私はしどろもどろのチムチムチェリーといつものジェルメーヌで、まさにOさんの言う「少年老い易く楽成り難し」ですが(座布団1枚!)、後半になるにつれ大物が続々と現れるではないですか!五十嵐美穂さんのお次は小川正浩さん、そしてわれらが渡辺芳也先生まで!10月の谷口楽器のサンデートークでお会いしたばかりでびっくり。イタリアのアコーディオン事情をほんの少しお話ししてくださいましたが、どこのメーカーの楽器も音色が似たり寄ったりになって個性がなくなってきているとのことです。だからこそ演奏する人の個性を大切に・・・。それにしてもアコーディオン95台って、想像ができません。

かるふーるの後はボタンアコのMちゃんと、ナヴィガトーレさんと、そしてなんと小川さんと一緒に食事しました。Vアコ世界大会のことや日本のアコ事情などいろいろ質問してしまい、表沙汰にはできないことまで(爆)とことんお話いただきました。
http://www.roland.co.jp/VA/Festival/result.html

えー本職が記者の私としては書かずにはいられませんが(うそです)、せめてVアコと世界大会のことはメモしておきます。アコーディオンの未来のためにね。聞き違いや私の見方が入っているかもしれません。ちなみに私はVアコを触ったこともありません。

・蛇腹を使わなくても出る音があること。
・日程が決まったのが1ヶ月前くらいで準備がほとんどできなかったこと。
・音の設定だけで30~40分はかかること。
・ミスタッチよりも音色の変更の方が怖いこと。
・自分のVアコを持っていくのではなく、設定したデータをUSBに入れて(!)現地の楽器で弾いたので、ハンデがあったこと。
・楽器よりもバッテリーが重いこと!
・中国勢が圧倒的に強く、国の威信をかけてうまい演奏家を育てていること。1位の子には中国メディアが殺到したそうですが・・・
・確かに技術は優れていても、心に届く演奏は少ないこと。またそれを評価してしまっていること。
・国旗を持って行進させられたこと。
・演奏中に曲とはまったく関係のない日本のイメージ映像(編集byイタリア人)が流れていたこと。
・最後にきれいなお姉さんたちが出てきて目のやり場に困ったこと。
・ローランドは日本のブランドなのに、イタリアのブランドのごとくイタリア一色だったこと。
・cobaさんに2度もおごってもらって、後が怖いそうですが・・・。
・Vアコと生アコはまったく違う楽器であり、それぞれに練習が必要なこと。
・ローランドはアコーディオンの可能性や裾野を広げるためにVアコをつくりコンテストをしているはずなのだけれど、コンテストに出てくるのはもともとアコーディオンがとびきりうまい人で、Vアコに興味をもつような層(たとえばロックやシンセサイザーが好きな人)や一般人を遠ざけてしまい、もともとアコーディオンを弾く人はやっぱり生の楽器に戻ってしまうから、結果的に趣旨と外れてしまっているのではないか、ということ。

私は今の楽器可物件に引っ越す前は電子アコ(その頃はそう呼んでいました)に興味がありましたが、それはいつでもどこでも練習ができるからです。いろんな音が出せるという興味はあまりないかな。今は幸運なことに音が出せるところがいくつかあるので、私自身はそんなことを思案することもなくなりました。練習場所にカラオケを使う人もいますよね。
http://www.shidax.co.jp/sc/howtouse/

ただ安いものは20万きっているので、手頃にはなってきていると思いますし、
http://www.ikebe-gakki.com/shopping/goods/goods_detail.php?category_id=5&sub_category_id=43&brand=177&view=1&count=12&sort=1&search_status=1&id=120263
こんな演奏を聴いたりするといいかなぁと思えてしまうのです。私は単にミュゼットが弾ければいいということでしょう。。。

★Accordéon Fr1b Roland


http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1618019504&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2010-11-08 23:07 | アコーディオン
<< 第17・18回ボタンアコレッスン 椿姫 >>