奈良旅行記④ならまち

mardi 19 octobre

朝から歩き通しですっかり疲労。宿泊客でなくても朝食が食べれるそうなので、思い切って奈良ホテルに入ってしまいました。選んだのは洋定食。朝からこんなに贅沢すること、もうないかも。

★奈良ホテル
http://www.narahotel.co.jp/

それにしても、皇室関係者はじめ、ヘレン・ケラーやオードリー・ヘップバーンの他にも、プロコフィエフ、メシアン、シュトックハウゼンなど作曲家が結構宿泊しているのに今更びっくり。アインシュタインが弾いたピアノ、見逃してしまった・・・。さてさてお待ちかね、ならまち散歩です。まずは元興寺。世界遺産だったのですね。
e0104937_19126100.jpg
★元興寺
http://www.gangoji.or.jp/
e0104937_19281166.jpg
ここの宝物殿が静かでよかった。真ん中の阿弥陀如来さま、金色のお顔に光の具合で口紅さしてるみたいできれいだった。
左の如意輪観音さまはしっとり。如意輪さまは何だか艶があって惹かれてしまう。『仏像の本』によると、持っている輪っかは如意輪(にょいりん)といって、孫悟空が持っていた如意棒のように、思いのままに操ることのできる輪っか、つまり私たちの願いをなんでもかなえてくれる輪っかなんだそうです。
そして右はご存じ聖徳太子の童子像。合掌した両手には紙一枚の隙間があって、そこにエネルギーを感じます。
外に出ると、足元にも小さな如来さまが。
e0104937_23331729.jpg
元興寺を出て、行ったり来たりしてようやくならまち格子の家へ。このあたりは昔ながらの町家が軒を連ねます。

★ならまち格子の家
http://www46.tok2.com/home/arc/nara/nara_21.htm
e0104937_197465.jpg
いろんなお店に寄り道しながら、青紫園で鹿ブローチを買いました。かわいくてすぐにカバンにつけてしまいました。色とりどりでとても人気があって、普通はオーダーして後で届きます。

★青紫園
http://www.kai.st/seishien/index.html
e0104937_19332062.jpg
それとここも忘れずに寄ってきました。ふすま地のブックカバーがたくさんあって迷います。読書好きにはたまりません。

★ねっとわーくぎゃらりー ならっぷ 「ならっ布ふすま地文庫本カバー」
http://naramachi.nawrap.com/nawrap/bookcover/index.html
e0104937_19482356.jpg
散歩もこれで十分かな、というところでそろそろお昼。まだおなかがすいていなかったので、先にもうひとつのコスモス寺、般若寺へ。近鉄奈良駅からバスで7分です。
e0104937_20152244.jpg
★般若寺
http://www.hannyaji.com/

ここは家を出る直前に廣瀬さんのレポートを目にして、行ってみようと思ったのでした。秘仏の白鳳阿弥陀仏が公開されています。本尊でない方の仏像さまがとてもよくて、人もいなくてずっと眺めていたのですが、名前が分かりません。植村牧場のアイスクリーム、食べ忘れた・・・。
http://buddha-girl.com/report/nara/hannyaji.html


般若寺からならまちに戻って、ようやくランチ。ならまちブームの火付け役にもなったカナカナです。通り過ぎてしまいそうになりました。やっぱり並びましたよ。
e0104937_20172575.jpg
★カナカナ
http://trafika.jp/kanakana/
e0104937_2021839.jpg
たくさん本が置いてあります。待ち時間にクラフト・エヴィング商會の「らくだこぶ書房」を手に取りました。実家に置いてきちゃったな、この本。帯に「すでに未来は懐かしい」。
e0104937_21301858.jpg
奥さんが雑貨の本を出しているようです。
http://www.amazon.co.jp/カナカナのかわいい東欧に出会う旅―チェコ-スロヴァキア-ハンガリー-井岡-美保/dp/4863110359/
http://www.amazon.co.jp/カナカナのかわいいロシアに出会う旅-井岡-美保/dp/486311012X/

さぁて、最後は奈良国立博物館。近道しようとうろうろしていたら、朝通った道に戻りました。この感覚、何かに似ている?そうそう、ヴェネチアで迷子になった時みたいでした。
e0104937_21474468.jpg
★奈良国立博物館
http://www.narahaku.go.jp/

たくさん見て分かりましたが、私の好きな仏像は右手がDon't be afraidの施無畏印をしている座像のようです。やっぱりパワーがもらえるから。この形、例えば大切な人が病気になって治ってほしい時、自然にこうすると思うんだよね。祈るより、自分の命のオーラを少しでも分けてあげたいと思う。東大寺の金剛力士像が特別公開されていて、大迫力でした。名品図録を購入。これでいつでも思い出すことができます。
e0104937_220544.jpg
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1612254156&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2010-10-29 05:27 | おでかけ
<< 奈良旅行記⑤飛鳥 奈良旅行記③奈良公園周辺 >>