御喜美江アコーディオン・ワークス2010

dimanche 19 septembre
e0104937_9194096.jpg
.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。☆。.:*:・'゜★゜'・:*。☆。.:*:・'゜★゜'・:*。☆。.:*:・'゜

トップに追記。コンサートの写真がたくさん出ています。
http://www.barks.jp/news/?id=1000064373
平井洋さんのレポートも。
http://musicscene.jp/529

行きそびれた方、林田直樹さんの「カフェフィガロ」でフィリップ・グラスの「モダン・ラブ・ワルツ」、ヘンデルの「調子の良い鍛冶屋」、コズマの「枯葉」を聴くことができますよ。楽しいトークも!
http://www.blue-radio.com/program/cafe/index.aspx?genrename=100907
http://www.blue-radio.com/program/cafe/index.aspx?genrename=100914

.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。☆。.:*:・'゜★゜'・:*。☆。.:*:・'゜★゜'・:*。☆。.:*:・'゜

夜公演だと思い込んでいて、昼間ゆっくり美容院に行ってから出掛けよう・・・と思っていたら、何と午後2時から!急きょパーマなしのカットですませて会場へ向かいました。
http://www.crystalarts.jp/topics/topics.php?code=1267511807

実はアコーディオン・ワークスは初めて。20回目だというし、これまで来なかったのが不思議なくらい。ミニミニインタビューは毎回やっているそうだけれど、これが楽しい!ふつう音楽をやる人というのは、音楽で表現するから言葉はいらない、という方が多い気がするのだけれど、しかも集中しなきゃいけない演奏する前にトークするのだからすごい。しかも面白い!高橋悠治さんがアコーディオンを「貧乏人のオルガン」と言ったら、すかさず「これ高いんですけど」と切り返すし、COBAさんとのトークもSARAの由来を聞いているのにどんどんわき道へずれていくし。日本の宝、小澤征爾と御喜美江!腰とともに歩む人生・・・。そういえばSARAは立奏だったのだけど、御喜さんステージから飛び跳ねそうな勢いでした。座っているとあまり気づかないけど、やっぱり音楽と一緒に動きまわっていますよね。御喜さんの言葉で耳に残ったのは、「風の楽器だ」「風を感じていたい」ということ。演奏の時は挑むような険しい顔なのに、(こういっては失礼だけど)ほんとうにチャーミングな方だと思いました。グリーンの衣装も素敵だった。

印象に残った曲をいくつか。オギンスキの「さらば祖国よ」は美しくて哀しいメロディー。第二次大戦末期のポーランドを描いたアンジェイ・ワイダの映画「灰とダイヤモンド」のラストで流れる曲だとか。この曲に惹かれたのは、このところショパンを聴いているからでしょうか。

★Oginski - Polonez (Pożegnanie Ojczyzny)


★Ashes and Diamonds 4


ティエンスーの「ムッタ」(しかし)は、突然目の前に聖書の終末的世界が広がってしまい、この世の終わりを見た気がして身の毛がよだちました。あの核弾頭が投下されてゆくような技法は何というのでしょうか?

★DANIELA MAIMONE - MUTTA (Jukka Tiensuu) - Trio Eutherphon


そして最後のライヒ。ミニマル・ミュージックはあまり聴いたことがなくて。こういうリズムパターンを繰り返すことをオスティナートというそうです。弾いている方は狂気に陥りそうだけど、御喜さんはひたすらトレーニングが必要であって、体の下の方で弾く(聴く)音楽だと言っていました。これは「アンナ・カレーニナ」のリョーヴィンの草刈りね!

★Visualisation "Six Pianos" by Steve Reich


★Unique performance of Steve Reich - 1 musician on 2 pianos


★Bliss: Reich's Six Marimbas (1986) - Part One


★Reich Six pianos


ヴィオラの今井信子さんと共演したCDにサインをいただきました。Antiquities・・・古きものたち、ということでバロック以前の曲を集めたもの。先週林田さんがamorosoの日曜朝バッハでもかけていましたね。やっぱりイタリア協奏曲がたまらなく美しい。天上の音楽です。
http://blog.ottava.jp/ottava_amoroso_wk/2010/09/post-ed71.html
http://blog.ottava.jp/ottava_amoroso_wk/2010/09/3-ebcb.html
e0104937_921040.jpg
http://ml.naxos.jp/album/BIS-CD-1229
http://www.bis.se/index.php?op=album&aID=BIS-CD-1229

来年春に新作CDが出るそうですよ。その名も"S'il vous plaît"。こちらも楽しみ。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1585641478&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2010-09-19 14:22 | アコーディオン
<< 昭和が香るジャズ組曲 猫の恩返し >>