第6回~8回ボタンアコレッスン

samedi 24 avril

すっかりレッスン記もさぼってしまったので、ここでまとめてアップ。

★第6回
確か雨の日だった。5時半定時がうれしいのは、皆の時間とずれているのでアコしょってる姿がばれないこと!警備の人には見られているけど。そうそう、この日はEntertainerの指ふりを書いてもらったのでした。それと背中バンドを山本さんに見てもらい、さらにきつくしました。これでぴったりです。

★第7回
なぜか小部屋でした。忙殺中で前半しかやっていかなかったけど、それでももりだくさん。最初の飛んだ先の和音がことごとくはずれるので(笑)、1音ずつ増やしながら場所を覚えます。ラはレガートです。まず右だけで弾いてみます。運指は手の大きさにもよるので少し変えたりしたのだけど、先生の手がほんとうに小さくてびっくり。ボタンにした理由もうなずけます。あのかわいらしい手で弾くのだからすごい。ところどころある和音は流れによらずかいつまんで練習。今度は左のみ。5の指がきついところは、その手前から手を少し下げてみる。ベースとコードを同時に弾く練習も。2回ずつ刻んだり、ゆっくり長めに取ったり。右と左の入る位置が微妙に違うので、その練習にも。流さずにかいつまんで個々に取り出すと、つなげる練習になります(これはムズい)。あとは蛇腹を返す位置を決めます。ベースは少し短めに。ドをのばした後の休符をしっかり取る。倍ゆっくりの長さでがくっと落として両手で弾いてみる。頭がついてこれるようにね。そしてやっぱりメトロノームで!

★第8回
木曜に早上がりできず、土曜に変更してもらった前回。ようやく後半までカバーできました。それにしても指使いはいつも新たな発見があるなぁ。つまりはつながるように、弾きやすいようにすればいいわけだ。それからミスタッチしないための裏技。わざと指をおきっぱなしにする、スライドするとそこだけ頭に入れる等々。最後の飛ぶ和音も基本スライドである。目から鱗とはこのこと(C'était comme si les écailles me tombaient des yeux !)。でも結局のところ考えないでも指が動くくらいまでやらないとだめだな・・・poco rall.(ポコ ラレンタンド)はrit.(リタルダンド)の仲間で、ちょっとずつ遅く、重く。最後は8vaとあるので1オクターブ上です。

帰りに音楽センターの手前にあるケーキ屋さんでタルトを買いました。その名もtutoyer。普段はお菓子教室のみやっているようです。今まで夜で気がつかなかった。ちょっと幸せ。

★tutoyer
http://tutoyer.web.fc2.com/

★紅茶グマ焼菓子工房
http://www.kouchaguma.com/

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1474068395&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2010-04-24 19:57 | アコーディオン
<< そして皐月の一休み 春の嵐 >>