第5回レッスン・水色ハノン・茶寮・シュランメル音楽

mardi 16 mars

この日は他の生徒さんの都合で夜8時からでした。練習室が無料で使えて逆にラッキー。個室は音が響いて気持ちがよいなぁ。さて、ミリ単位で進歩してるにしても通しできっちり弾けないのはなぜ?うーん、と先生と考え込みましたが、曲が長いので終わった時にどこがうまくいかなかったか忘れる(!)のと、あとは集中力の問題(!!)どこが弾けてないかはメトロノームで分かります、ということで、メトロノームで練習しましょう。それで気晴らしに違う曲をやりますか、ということで
e0104937_6552092.jpg
Scott JoplinのThe Entertainerをやることになりました!ずっと以前に弾きたくてピアノ譜を手に入れたままだったのでうれしい!ジェルメーヌに合格がもらえたわけじゃないですが・・・

この楽譜は二重奏対応の上にスイス産とのことでベース部が各国語対応になっててかなりごちゃごちゃしています。指番号もふってあるし・・・鍵盤向けですが(涙)。先生が右の指番号を作ってきてくれるとのことなので、とりあえず左を頑張ります。エンディングがジャジーな上トレモロです。楽しみ。

ジェルメーヌは2回目はだいぶましになったので、やはり集中が大事らしい。ぶんちゃっちゃーはやめる。楽器がももにつくように肩ベルトを長くしたら背中ベルトがゆるくなってしまった。あと5cmは短くしてもらおう。しかし修理の山本さんっていついるのか謎。

さて日曜は谷口楽器のサンデートークに久々行ってきました。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/taniguchi-gakki/sunday.html

春の陽気で髪型を変えたくなり、午前中に美容院でパーマをかけてもらっていたら大遅刻。しかも3時から別の打ち合わせがあったので15分くらいしかいなかったかも(笑)。牧田ゆきさんが水色のアコーディオン・ハノンをしきりに勧めていました。「これをやっているとやっていないのとでは、曲の安定度が全く違います」とのこと。鍵盤のとき少しやったけど、ボタンでもやらなければ。
e0104937_4111796.jpg
打ち合わせは神楽坂の「茶寮」というところでした。こちらは食べかけのお汁粉セット。
http://www.saryo.jp/kagurazaka.html

ところでこの和カフェ、音楽プロデュースもしているようで、最新作が桑山哲也さんなのです!びっくり。どこまでアコ?
http://www.saryo.jp/vol_7.html
e0104937_4352026.jpg
昨日は谷口楽器で会ったしまーちさんからのレア情報で、恵比寿のウェスティンホテルへ行ってきました。オーストリアフェアということで、4月4日までロビーで無料コンサートをやっています。
http://www.westin-tokyo.co.jp/initiative/index.html#111
e0104937_4513663.jpg
もちろん目当てはアコです。ヴォルフガング・ヘルツレさんの演奏が楽しめます。
http://www.woho-music.com/
e0104937_4551981.jpg
休憩時間にお話を伺ったら、何とこの楽器は16kg、500万円なのだそうです!蛇腹部分はドイツの写真、ボディの花はエーデルワイスとのこと。御喜美江さんは同じ大学の2つ上だったとか。アコ目的で来ているのは私1人だったせいか、後半ほぼ独占状態。聴いたことのない曲が多かったですが、シュトラウスメドレーやウィーンわが夢の街など懐かしい曲も。Danke schön!!
e0104937_551581.jpg
ちょっとしたオーストリア小物も置いてあり、売り場にいたきれいなお姉さんとお話していたら、2005年愛知万博のときのオーストリアと日本の本をいただいてしまいました。手作りストラップを買いましたよ。
e0104937_624190.jpg
チターやウィーン民謡楽団の東京シュランメルンも楽しそう。シュランメル音楽ってどんなメロディーなんでしょう?どうやらボタンアコーディオンも含まれているようです!
http://www.e-digitalpark.com/music/topics/topic024.html
http://en.wikipedia.org/wiki/Schrammel_accordion

また行きます!

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1438079924&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2010-03-16 06:49 | アコーディオン
<< GWに大正村でアコを弾きませんか? Grieg and Bach ... >>