名古屋旅行記③伏見・熱田

lundi 23 novembre

ホテルは千種から3駅の伏見のユーキホテル。もちろん学割を使いました(今回バス往復7300円、宿は3000円です!)。部屋に着いてテレビをつけるとNHK教育でピアニストの辻井伸行さんが映っていました。彼の存在を知らなかったので、新鮮。純粋にピアノを弾くことが好きなのだな、と沈んでいた心が救われました。
http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2009/1122.html

★Nobuyuki Tsujii 辻井伸行 Liszt Paganini Etude No.3, ラ・カンパネラ 2009 Van Cliburn International Piano Competition(WIDE)


名古屋2日目は快晴で観光にはもってこいの天気。まず名古屋でお土産を買い、アコと一緒にロッカーに預けます。1日のスタートはやっぱりモーニングから、ということでモーニング発祥の地、リヨンへ。
e0104937_2317382.jpg
e0104937_2321949.jpg
小倉プレスサンドも気になりましたが、野菜プレスサンドにしました。コーヒー付で380円です。さてまずは名古屋から金山へ出て、そこから名鉄線へ乗り神宮前で降りて熱田神宮へ行きました。
e0104937_636544.jpg
三種の神器のうち草薙剣があり天照大神や日本武尊を祀っていて、伊勢神宮に次ぐ権威のある神社なのだそうです。すがすがしい気持ちで神社を後にして、今度は近くの紙の温度へ。
e0104937_641917.jpg

★紙の温度 https://www.kaminoondo.co.jp/
ここは創業慶応2年(1866年)で、約9000種類以上の手漉き紙が揃う紙の専門店。和紙のみならず世界各地から集めた紙が店内にぎっしり並んでいます。目を引いたのは有松絞りのオリジナル作品。いろいろアトリエや教室もやっているようですが、cartonnageというのを初めて知りました。厚紙を組み立て紙や布を貼り実用的な小物を作る、フランスの伝統工芸なんだそうです。

ひつまぶしのあつた蓬莱軒を横目に見て、伏見に戻ります。今回は時間が足りなくて、名古屋グルメはモーニングだけでした。プラネタリウムがあきらめきれなくて、名古屋市科学館へ。生解説に味があって、行って良かった!来年生まれ変わるという新しいプラネタリウムはドームの大きさが世界最大になるんだそうです。
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/planet/
e0104937_76449.jpg
(つづく)

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1362048463&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2009-12-12 23:25 | おでかけ
<< 名古屋旅行記④覚王山・本山 名古屋旅行記②Salon du... >>