Bellows Lovers Night Vol.8

dimanche 19 avril
e0104937_9471342.jpg
昨日横浜赤レンガ倉庫でのベローズラバーズナイトへ行って来ました。Bellows Lovers Nightは、1822年にドイツのクリスチャン・フリードリッヒ・ブッシュマンがアコーディオンの原型である蛇腹楽器(ハンド・エオリーネ)を1822年に発明してから180年目を迎えた2002年にスタート、日本屈指のアコーディオニストであるcobaの呼びかけにより数多くのべローズ(蛇腹)プレイヤーが集結し、生誕200年となる2022年までの20年間にわたりカウントダウンライブを行なっていくという日本最大の「蛇腹の祭典」です!
http://www.kirin.co.jp/active/event/RL_club/185-190/klc188.html
http://www.yaf.or.jp/introduce/interview/interview_0412.htm

アコ友のYちゃんとNさんと待ち合わせして、まずは横浜散策。アコグッズをつい探してしまう私たち。アコーディオン弾きの人は少なからず持っているのでは?私はまだペンダントを持っているのみですが・・・こんなに集めている方もいます!実はガチャピンとムックの生みの親、よねやまえいいちさんです。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Stage/8883/index_top.html

それで本題。出演者は(たぶんこんな順番)小川正浩、良原リエ、田ノ岡三郎、アコる・デ・ノンノン、秋山仁、MINORITY ORCHESTRA、檜山学、ポカスカジャン、中山うり、そしてcoba。全部感想を書いていると日が暮れるので、かいつまんで。

★特別ゲストに秋山仁先生・・・そう先生はアコーディオンを弾くのです!
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/suugakukiso/archive/chapter020.html
http://www.ontvjapan.com/article/04_00/no221.php

★田ノ岡三郎さんはお人柄そのままの演奏♪
http://www.fieldbig.co.jp/sabu/
http://usatrene.com/cdshop.html


これ見たらまたタップやりたくなってきちゃった・・・

サブちゃんと一緒に演奏していた方の楽器が気になっていたのだけれど、SteelPanというらしいですよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/スティールパン
http://www.myspace.com/panizawa

★檜山学さんは音色が絶品。「演奏」を聞かせてくれる方です。木苺、良かった~。
http://www.manabuhiyama.com/
最近はorso brunoで活躍しているみたいです。
http://www.bowz.net/orsobruno/
http://www.myspace.com/orsobrunonet





★そして一番期待していた中山うり。空間をあんなに素敵に変えてしまえるというのは何なのだろう?まさにミラクルボイスでした!
http://www.worldapart.co.jp/uri/


横浜、ということで「マドロス横丁」を歌ってくれました。物語性があって好きです。


これは歌詞が素晴らしくて涙が出ました。どこかで聞いたことのあるメロディーラインだな、と思ったら「満月の夕」でした。


こちらも涙なくしては聞けない、名曲ですよね。

終電ぎりぎりで帰ってきました。そうだ、最後にこれも忘れずに書いとかなきゃ。
e0104937_13314670.jpg
http://www.accordions.com/cia/cia_worldaccordionday.htm
5月6日はWorld Accordion Dayです!というのも、1829年の5月6日にウィーンのデミアンが「アコーディオン」を特許登録したからです。180周年記念ですよ!横浜開港150周年と合わせてお祝いをしましょう・・・以上渡辺芳也さんの言付けを受けたcobaさんのさらなる受け売りでした(笑)。

追記:
★吼えろベローズ


http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1142368419&owner_id=831795
[PR]
by nabocha | 2009-04-19 13:59 | アコーディオン
<< ephemerist 類変更?! >>